CLOSE

エネルギーに関する情報

エネルギー情報

小樽商科大学では以下の省エネルギー対策に取り組んでおります。

(省エネ対策内容)

  • 廊下の照明器具の間引き点灯
  • 冷房室内温度28℃、暖房室内温度20℃の徹底
  • クールビズ、ウォームビズの励行
  • パソコン等のモニターの輝度調整
  • 退室時はこまめに消灯(最終退出者は必ず消灯)
  • 冷暖房中は極力扉や窓を開けない(必要最小限の換気とする)
  • 冬季足下が寒い場合は「ひざかけ」や防寒着等を利用する。
  • LED照明器具の採用
省エネルギーを実現するためには、1人1人の取り組みが大事になります。 すぐに取り組める省エネルギーのメニューをまとめますので、是非取り組んで頂けますようお願いいたします。
(省エネメニュー)
  • テレビ、パソコン等のモニターの輝度調整
  • 冷蔵庫、冷凍庫の設定を「弱」にする
  • プリンター、電気ポットは使用時以外は電源を切る。
  • 電気機器は使用しない時はコードを抜く(またはコンセントのスイッチを切る)
  • クールビズ、ウォームビズで冷暖房器具の使用を極力控える。
  • 冷房、暖房の温度設定を変更する。(冷房は28℃、暖房は22℃を目標に)

※無理のない範囲で、出来ることを行いましょう。

小樽商科大学のエネルギー情報

構内のエネルギー消費量および温室効果ガス(CO2)排出量は下記をクリックすると参照出来ます。

※エネルギー消費量は学内で消費している電気、ガス、灯油、重油の消費量を熱量に換算して算出しております。

各エネルギーの消費量および温室効果ガス(CO2)排出量は下記をクリックすると参照できます(令和1年9月更新)

エネルギー消費量

※学内全体のエネルギー消費量は、熱量に換算して算出しております。

温室効果ガス(CO2)排出量

最大需要電力と契約電力

毎月の最大需要電力と契約電力(北海道電力と契約している電力)のグラフをご覧頂けます。

水道使用量

省エネルギーにご協力願います。

ゼミ室、講義室は、最終退出者は 必ず照明と空調のスイッチを切って下さい。
  • 冷暖房中は窓や扉を開放しないようお願いします。必要以上にエネルギーを消費する原因となります。
  • 事務室や教員室などは、昼休み消灯(減灯)にご協力ください。
  • 長時間離席される場合は消灯する等節電を心がけて下さい。
 

Column 商大探舎 Vol.11

修学旅行

1920年代前半、事情は不明ながら、公式の修学旅行は中断していた。1927年には、教務部主事の中村和之雄の提唱で、公式行事として修学旅行が復活した。以前と同じように、樺太方面、網走方面、室蘭方面、満鮮北支、のコースから選べることになっていたが、いずれも学生の経済的負担は大きく、参加者はあまり多くなかったようだ。

修学旅行

資料
請求