CLOSE

教育・学部・大学院

「実学・語学・品格」を教育理念とし、広い視野と豊かな教養、倫理観に基づいた専門的知識を有し、現代社会の複合的、国際的な問題の解決に指導的役割を果たす人材を育成してきました。

  • HOME
  • 教育・学部・大学院

学部

 

国公立最大の経済・商学系学部

国公立最大の経済・商学系学部

商学部1学年の定員515人は、全国国公立大学の経済・商学系学部で最大であり、120名を超える教員がいます。教員の10人に1人は外国人です。 教員が多いということは、それだけ学べる幅が広いということです。商学を真剣に学びたい学生には、最高の環境となっています。
商学に関心のある文系学生だけではなく、理系学生が力を発揮できる学科もあります。また、実践的な英語を習得したい人、留学希望者など小樽商科大学は多様な学生を求めています。

 

実学・語学・品格

実学・語学・品格

①実学②語学③品格は、小樽商科大学の教育モットーとして掲げているものです。小樽商科大学では、「現代社会の複合的、国際的な問題の解決に貢献しうる広い視野と深い専門的知識及び豊かな教養と倫理観に基づく識見と行動力により、社会の指導的役割を果たす品格ある人材の育成」を目的としています。「実学教育」や「語学教育」の修得の他、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、ディスカッション能力など、ビジネスの基本となる「品格」が身につく教育を目指しています。

 

学科を超えた自分だけの履修の形(T型人材の育成)

学科を超えた自分だけの履修の形(T型人材の育成)

グローバル時代において、自分の得意分野の知識に加えて、いろいろな知識を組み合わせて活用し、様々な状況に対応できる能力が求められています。小樽商科大学では、それに対応できるT型人材の育成を目指しています。

小樽商科大学では、自分の学科の専門を深めることだけでなく、コミュニケーション能力や、外国語の能力も養ってもらい、学科を超えた自分だけの履修の形をつくれる環境を用意しています。
そのため、卒業に必要な124単位のうち、昼間コースであれば20単位まで自由に他学科から取ることができます。夜間主コースの場合は、72単位の学科科目全て学科に関係なく取ることができます。
このように、自分の学科に所属した後も、学科に固執することなく学科を越えて、広く深く学べます。

 

 

実践的なゼミナール

小樽商科大学では、3年次から4年次の2年間の必修科目として、高度で専門的なゼミナール(ゼミ)がはじまります。毎年70もの実践的なゼミを開講しています。
100年を超える実学の伝統が、近年はゼミ単位での起業へとつながっています。現在、小樽商科大学発の学生ベンチャー企業は6社に上ります。彼らは学生でありながら、経営者として会社を運営し、普段の講義では学ぶことが出来ないビジネスの手法を、実践的に学んでいます。

 

 

大学院商学研究科

商学を極めた
次世代のビジネスパーソンへ

経営管理のエキスパートを目指す博士課程の「現代商学専攻」、企業家精神を養う専門職学位課程の「アントレプレナーシップ専攻(ビジネススクール)。誰でも、いつからでも、ビジネスのスペシャリストを目指せる門戸を開いています。

 

教育サポート施設

深く、広く、
学びの好奇心を養います。

本学の教育理念に基づく学びを推し進めるための各種サポート施設。

tosyokan

資料
請求