CLOSE

大学教職員への兼業依頼

国立大学法人小樽商科大学の教職員においては、国立大学法人小樽商科大学職員就業規則の定めにより、学長の承認を受けなければ、兼業(本学教職員が本務以外の他の業務に従事すること)に従事することができません。

学長の兼業の承認の基準は、兼業により本務の労務提供に支障を生じないこと、職務の公平性及び信頼性の確保に支障を生じないこと等となっており、「国立大学法人小樽商科大学に勤務する職員の兼業に関する規程」で定められています。

本学教職員に対し、兼業を依頼される場合は、本学所定の下記(1)の様式「兼業依頼書(兼業許可申請書・許可書)」をご使用いただきたく、ご協力くださいますようよろしくお願いします。

また、ご依頼いただきました法人等の皆様には、兼業の依頼に対して本学として差し支えのない旨の回答文書を原則お送りしませんので、ご承知おきください。


兼業の許可・処理手順

  1. 兼業のご依頼元にて、所定様式をダウンロードし、下記(2)の兼業依頼書記入例をご参照の上、「兼業依頼書(兼業許可申請書・許可書)」をご作成ください。
  2. 「兼業依頼書(兼業許可申請書・許可書)」を、電子メールに添付していただき、本学の事務担当までご送信ください(文書による依頼状は必要ありません。)。
    • 送信先:下記担当へお願いします。 ※メールのタイトルは、「兼業依頼について」としてください。 
    • 期限:兼業許可希望日の2週間前
  3. 兼業内容を審査し、差し支えない場合は、当該兼業を許可させていただきます。事務手続きの簡素化を図るため、原則として、差し支えない旨の回答文書はお送りしませんので、ご了承ください(差し支えのある場合に限り、本学の事務担当から連絡させていただきます。)。
なお、兼業のご依頼元にて、事務処理等における都合上、回答文書が必要な場合は、送信していただいた「兼業依頼書(兼業許可申請書・許可書)」に兼業許可日を記入したものを、電子メールにて送信しますので、ご依頼の際にお申し出ください。おって、企業等における役員等兼業につきましては、事前に本学担当者にご相談ください。

所定様式等

  1. 「兼業依頼書(兼業許可申請書・許可書)」ダウンロード(Word)
  2. 「兼業依頼書(兼業許可申請書・許可書)」記入例
  3. 「国立大学法人小樽商科大学に勤務する職員の兼業に関する規程」

お問い合わせ先

総務課職員係

TEL:0134-27-5209 FAX:0134-27-5213 Mail:shokuin*office.otaru-uc.ac.jp

※メールを送信する際は、上記アドレスの*を@に変更してください。

Column 商大探舎 Vol.8

新入生歓迎ストーム

1924(大正13)年に「小樽新聞」に「悪太郎」と称する学生の「高商生活 思出の記」という連載があった。ちょうど小林多喜二や伊藤整の在学と重なる時期の学生生活をいきいきと描写している。その中に寮生活の「ストーム」についての記述がある。寮生活に慣れてきたある夜半、「朦朧たる意識の中に遠雷」が聞こえてくる。「蛮声に伴奏する木と木を叩き合ふ音、床を踏み抜く音が混然一大音響となって忽ち迫って来る」。新入生歓迎のストームの襲来だ。そして数日後には、一年生の上級生に対する「答礼ストーム」となるのだった。

文行寮ストーム

資料
請求