CLOSE

大学教育情報

1.大学の教育研究上の目的に関すること

大学(学部)の目的

  1. 小樽商科大学は、現代社会の複合的、国際的な問題の解決に貢献しうる広い視野と深い専門的知識及び豊かな教養と倫理観に基づく識見と行動力により、社会の指導的役割を果たす品格ある人材の育成を目的とする。
  2. 小樽商科大学は、前項の目的を達成するために、多様な学問分野の修得と課題を発見し考察する力の涵養をめざす実学教育を実践するとともに、それを支える高い水準の研究を推進し、国際交流の促進、学習環境の改善、課外活動の支援及び教職員と学生の交流等に努める。

大学院(商学研究科)の目的

小樽商科大学大学院(以下「大学院」という。)は、学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめ、又は高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、文化の進展に寄与する人材の育成を目的とする。

国立大学法人小樽商科大学憲章

教育の3つの方針(アドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー)

2.教育研究上の基本組織に関すること

学部・学科、大学院等名称

商学部(昼間コース・夜間主コース)
 経済学科
 商学科
 企業法学科
 社会情報学科
大学院商学研究科
 現代商学専攻
  博士前期課程
  博士後期課程
 アントレプレナーシップ専攻(専門職学位課程)
 

組織機構図


3.教員組織、教員数並びに各教員が保有する学位及び業績に関すること

教員組織

教員組織については、上記「組織機構図」をご覧ください。

教員数(本務者:H30.5.1現在)

教員1人当たりの学生数:19.6人
学部 学長 副学長 教授 准教授 講師 助教 助手 合計
学長・副学長 1 3 4 0 4
学部 38 5 32 4 2 1 72 10 82
大学院 12 1 13 0 13
その他 9 4 6 2 1 1 16 7 23
1 0 3 0 59 9 39 6 0 0 3 0 0 2 105 17 122

教員の年齢構成(本務者:H30.5.1現在)

年齢区分 (歳) 職名 合計
教授 准教授 講師 助教 助手
〜24 0
25〜34 11 1 12
35〜44 8 22 30
45〜54 31 10 2 1 44
55〜64 29 2 1 32
65〜 1 1
69 45 0 3 2 119

大学設置基準・大学院設置基準・専門職大学院設置基準上必要となる専任教員数

学部

学科 収容定員 設置基準上必要な専任教員数
別表1 別表
経済学科 昼間コース 548 596 10(5) 22
夜間主コース 48
商学科 昼間コース 592 632 11(6)
夜間主コース 40
企業法学科 昼間コース 424 472 10(5)
夜間主コース 48
社会情報学科 昼間コース 296 360 8(4)
夜間主コース 64
昼間コース 1,860 2,060 61
夜間主コース 200

()内は、うち教授数

大学院商学研究科

専攻・過程 収容定員 設置基準上必要な専任教員数
研究指導教員数 研究指導補助教員数
現代商学専攻 博士前期課程 20 5(4) 4
博士後期課程 9 5(4) 4
専攻・過程 収容定員 設置基準上必要な専任教員数
研究指導教員数 研究指導補助教員数
アントレプレナーシップ専攻 70 11(8) 4

()内は、うち教授数

教員組織の現況(本務者:H30.5.1現在)

教員の業績

教員の業績等については、こちら(研究者総覧)をご覧ください。

4.入学者に関する受入方針及び入学者数、収容定員及び在学する学生数、卒業又は修了した者の数並びに進学者数その他進学及び就職等の状況に関すること

入学者受入方針

収容定員

※学部編入学入学定員 若干名
学部・学科、大学院等名称 収容定員 入学定員
商学部 2,060 515
  昼間コース 1,860 465
  夜間主コース 200 50
 経済学科 596 149
  昼間コース 548 137
  夜間主コース 48 12
 商学科 632 158
  昼間コース 592 148
  夜間主コース 40 10
 企業法学科 472 118
  昼間コース 424 106
  夜間主コース 48 12
社会情報学科 360 90
  昼間コース 296 74
  夜間主コース 64 16
大学院商学研究科 99 48
 現代商学専攻 29 13
  博士前期課程 20 10
  博士後期課程 9 3
 アントレプレナーシップ専攻(専門職学位課程) 70 35

入学者数(平成30年度)

学部 大学院 合計
(昼間) (夜間主) (現博前) (現博後) (専門職)
276 31 5 2 29 343
197 26 2 1 6 232
473 57 7 3 35 575

在学者数(H30.5.1現在)

学部 昼間コース 夜間主コース 合計
1年 2年 3年 4年 1年 2年 3年 4年
277 297 302 368 1,244 32 31 28 33 124 1,368
197 208 201 199 805 27 27 25 28 107 912
474 505 503 567 2,049 59 58 53 61 231 2,280
大学院 現代商学博士前期 現代商学博士後期 専門職 合計
1年 2年 1年 2年 3年 1年 2年
5 5 10 2 2 2 6 33 26 59 75
2 9 11 1 2 2 5 7 11 18 34
7 14 21 3 4 4 11 40 37 77 109

入学年度別 学部卒業者数(平成29年度卒業)

昼間 H26 H25 H24 H23 H22以前 編入学等 合計
253 15 6 2 1 3 280
163 9 2 1 0 0 175
416 24 8 3 1 3 455
夜間主 H26 H25 H24 H23 H22以前 編入学等 合計
14 2 2 2 0 1 21
23 4 0 0 0 0 27
37 6 2 2 0 1 48

入学年度別 大学院修了者数(平成29年度修了)

現博前 H28 H27 H26 H25 H22以前 編入学等 合計
1 0 0 0 0 0 1
3 0 0 0 0 0 3
4 0 0 0 0 0 4
現博後 H28 H27 H26 H25 H22以前 編入学等 合計
1 1 0 0 0 0 2
0 0 0 0 0 0 0
1 1 0 0 0 0 2
専門職 H28 H27 H26 H25 H22以前 編入学等 合計
20 3 0 0 0 1 24
9 1 1 0 0 0 11
29 4 1 0 0 1 35

卒業後の進路

進学者・就職者数(平成29年度)

卒業後の主な進路

商学部卒業生、大学院商学研究科修了生の主な就職先は、こちらをご覧ください。

5.授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業の計画に関すること


6.学修の成果に係る評価及び卒業又は修了認定に当たっての基準に関すること

学修の成果に係る評価

商学部及び大学院商学研究科の成績評価

合否区分 評価 評点 グレードポイント
合格 秀(A) 100点〜90点 4.0
優(B) 89点〜80点 3.0
良(C) 79点〜70点 2.0
可(D) 69点〜60点 1.0
不合格 不可(F) 59点以下 0.0
履修取消 (申請が必要) W(Withdrawal) GPA計算対象外

GPAとは、1単位当たりの成績の平均値を示すものです。

修業年限及び卒業又は修了に必要な修得単位数

取得できる学位の名称

商学部(昼間・夜間主) 学士(商学)
大学院商学研究科現代商学専攻博士前期課程 修士(商学)
大学院商学研究科現代商学専攻博士後期課程 博士(商学)
大学院商学研究科アントレプレナーシップ専攻 経営管理修士(専門職)

7.校地、校舎等の施設及び設備その他の学生の教育研究環境に関すること

大学所在地等

小樽商科大学 〒047-8501 北海道小樽市緑3丁目5番21号 電話:0134-27-5206 FAX:0134-27-5213 URL:http://www.otaru-uc.ac.jp

小樽商科大学札幌サテライト

〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西5丁目sapporo55ビル3階 電話:011-218-6377 FAX:011-218-6378

アクセス・キャンパスマップ等

アクセスキャンパスマップをご覧ください。

学内施設・設備等

学内施設・設備等の紹介は、こちらをご覧ください。

特色ある施設

附属図書館

附属図書館は「滞在型の学生の主体的な学びの拠点」として多様な学びのスタイルに対応した施設として平成26年2月にリニューアルしました。

附属図書館HPはこちらをご覧ください。

アクティブラーニング教室(AL教室)

学生自らが主体的・能動的に学ぶアクティブラーニングを効果的に実施するため、最新のICT機器等を備えたAL教室が整備されています。

AL教室の紹介はこちらをご覧ください。


8.授業料、入学料その他大学が徴収する費用に関すること

授業料、入学料及び検定料

寄宿舎料・学生寮費


9.大学が行う学生の修学、進路選択及び心身の健康等に係る支援に関すること

学業に関する情報、授業料免除、奨学金等の情報、 諸手続にかかる詳細については、平成30年度OUCガイドブック(PDF版)をご覧ください。

平成30年度OUCガイドブック(PDF版)

修学支援体制

学生何でも相談室

学生の皆さんのキャンパスライフのあらゆる悩み事について気楽に相談できる窓口として「学生何でも相談室」を 開設しています。

ハラスメント相談室

本学ではハラスメントに関する相談窓口として、ハラスメント相談室を設置しています。相談は、被害者本人は勿論ですが、友人・知人を通じて、あるいは第三者からの相談・通報にも対応いたします。当然のことですが、プライバシーを充分に守ることはもとより、相談によって不利になることは一切ありませんので、どのような問題も一人で抱え込まずに安心して相談してください。

留学支援体制

国際交流室

学生交換留学制度、語学研修派遣制度及び海外研修プログラム(事情科目)について、派遣留学生の選考、単位認定、奨学金制度等は、国際交流室にてサポートを行っています。

また、国際交流室では、海外留学を希望する学生に対して、個別に様々な相談に対応しています。

グローカルラウンジI

3号館2階に日本人学生と外国人留学生の交流の場で誰でも利用できる「グローカルラウンジI」があります。留学に関する説明会や、国際交流イベントの開催の場にもなっています。

進路選択(就職)支援体制

キャリア支援センター

キャリア支援センターには、企業の採用情報ばかりでなく、インターンシップ情報など就職関連情報がたくさんあるほか、就職アドバイザー・キャリアカウンセラーによる相談も行っています。

学生の健康管理

保健管理センター

本学の保健管理センターは、学生及び教職員の健康管理に関する専門的業務を行い、健康の保持とその増進及び疾病の予防・早期発見に努めることを目的としています。健康に不安があるとき、身体の不調を感じるとき等に限らず、様々な健康上の問題について相談に随時応じています。

保健管理センター特別修学支援室

平成28年4月から、障がい(身体障がい、発達障がい、精神障がい、病弱・虚弱等)のある学生の「学ぶ権利」を保障することを目的として、保健管理センターには特別修学支援室が設置されています。特別修学支援室には専従の教職員が配置されており、障がいの内容を踏まえて必要な配慮を調整し、教員や学内外の各部署と連携しながら学生生活をサポートしています。

Column 商大探舎 Vol.14

ジヤーナリズムは伝へる

「緑丘」第71号(1933年3月)に小林多喜二の名前が載ったのは、特高警察による虐殺の訃報である。この号は欠号であるが、スクラップブックに「ジヤーナリズムは伝へる 先輩作家小林多喜二の死」と題した記事が残されている。この記事掲載のため、学校当局によりこの号は配布禁止となった可能性が高い。

「ジヤーナリズムは伝へる」(『緑丘』71,193.3.2

資料
請求