CLOSE

ハラスメント相談室

一人で悩んでいませんか? つらい思いをしている自分を責める必要はありません

ハラスメントにおいて、皆さんが抱えている悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。 匿名での相談も可能です。 相談の方法はEメール、手紙等どのような方法でも構いません。 本学では、全ての学生、教職員が対等の人格として尊重され、勉学、研究、教育及び職務遂行に専念できる環境を確保することをめざしています。 どんなことでも、安心してご相談下さい。 ※本人の同意がない限り、個人情報を漏らすことはありません。

相談先

TEL:0134-27-5467(専用ダイヤル) 
Mail:harasumento*res.otaru-uc.ac.jp

※メールを送信する際は、上記アドレスの*を@に変更してください。

各ハラスメント相談員の連絡先はこちら
 

ハラスメントとは?

ハラスメントとは、相手の意に反した言動により、相手の尊厳を傷つける人権侵害行為です。 本学では、「セクシュアル・ハラスメント」のほか、教育研究の場における権力を利用した「アカデミック・ハラスメント」や年齢や国籍に対する嫌がらせもハラスメントに含めています。 ハラスメントに該当するか否かは、基本的に言動の受け手がそれを不快に感じたかどうかによって決まります。 具体的には、下記をご参照ください。

ハラスメントの具体例

教室・ゼミで
  • 聞くに耐えない卑猥な冗談を言う。
  • 「○○しないと単位を与えない」など単位認定や卒論指導を取引条件にして、不適切な要求をする。
  • 正当な理由なく、本人の希望に反する学習・研究テーマを押しつける。
  • 性的なからかいをする。
  • 多数の者がいるところで罵倒する。
教員研究室で
  • 卑猥な雑誌・画像をわざと見せる。
  • 文献・図書・機器類を使わせない。
  • 指導教員が、論文等に加筆修正しただけで第一著者となる(研究成果の搾取)。
コンパ・宴会で
  • 身体に不必要な接触をする。
  • イッキ飲みを強要する。
  • 着替えを強要する。
  • 教員の側に座席を指定する。
事務室で
  • 女性であるというだけで、お茶くみ、掃除等を指示する。
  • 男なのだから~、女なのだから~、などと性役割を押しつけるような発言をする。
  • 仲間はずれにする。
自宅で
  • 性的な内容等のいたずら電話をかけたり、Eメールや手紙を送る。

ハラスメントを受けてしまったら

一人で悩まず相談しましょう

ひとりで抱え込まずに、信頼できる友人に相談しましょう。 または、ハラスメント相談室の相談員にお気軽に相談してください。 学内で相談することが困難な場合には、外部の窓口に相談することができます。 法務局 北海道労働局

記録に残しましょう

受けたハラスメントについて、「いつ、どこで、誰から、どのようなことをされたか」を記録しておくことが大切です。 目撃者がいる場合には、証言を依頼しておくことが望まれます。

あなたの意志を伝えてください

可能であれば、加害者にその言動が不快であること、すぐにやめてもらいたいことを伝えてください。 相手が嫌がっていることに気づいていない場合もあります。 無視したり受け流したりしているだけでは、状況は改善されません。

第三者としてハラスメントを目撃したら

不快な場面を目撃したら、加害者に注意してください。

必要であれば、ハラスメントが生じたことについて証人になってあげてください。

被害者が望めば、相談にのってあげてください。

ハラスメント相談室の相談員に相談をするように勧めたり、一緒に相談に行ってあげてください。 もちろん、あなたが直接ハラスメント相談室に連絡することもできます。

ハラスメントをしていませんか?

小樽商科大学はハラスメントを許しません! ハラスメントの加害者は、厳正に対処します。

このくらいは許されるだろうという勝手な思い込みをしていませんか?

受け止め方には個人差があることを理解しましょう。 指導における熱意を表すつもりの言動であっても、本人の意図とは関係なく相手は不快に思っているかもしれません。 相手からいつも明確な意思表示があるとは限りませんので、注意してください。

相手や周りの人が嫌がっていませんか?

相手が拒否したり、嫌がっていることが分かった場合には、同じ言動を決して繰り返してはいけません。周りの人達に被害が及んでいる場合もあります。

相談員一覧

女性相談員 ※メールを送信する際は、アドレスの*を@に変更してください。
沼田 ゆかり 一般教育系 教授 TEL 0134-27-5412
E-mail numata*res.otaru-uc.ac.jp
今野 茂代 グローカル戦略推進センター研究支援部門 助手 TEL 0134-27-5482
E-mail skonno*res.otaru-uc.ac.jp
佐藤 希代巳 保健管理センター 看護師 TEL
E-mail s-kiyomi*office.otaru-uc.ac.jp

男性相談員 ※メールを送信する際は、アドレスの*を@に変更してください。

中浜 隆 商学科 教授 TEL 0134-27-5331
E-mail nakahama*res.otaru-uc.ac.jp
羽村 貴史 言語センター 教授 TEL 0134-27-5424
E-mail hamura*res.otaru-uc.ac.jp
畠中 勇 教務課 課長代理 TEL
E-mail hata*office.otaru-uc.ac.jp

ハラスメント相談の流れ

ハラスメント相談室で相談を受けた場合、以下の方法で対応することとなります。 ※本人の同意がない限り、個人情報を漏らすことはありません。

学内規程

国立大学法人小樽商科大学におけるハラスメントの防止等に関する規程
国立大学法人小樽商科大学職員懲戒規程

第3条第3項の十 ハラスメント

他人に不快感を与える性的言動(セクシュアル・ハラスメント)の他、人種、国籍、出身地、宗教、政治的信条、年齢、職業、身体的特徴等、広く人格に関わる事項において、当事者の尊厳を損ない不快となる言動であって、本学の就学上又は職務上の関係において行った職員は、解雇、停職又は減給とする。 小樽商科大学学生懲戒規程

第2条 懲戒は、次の各号の一に該当する行為(以下「懲戒対象行為」という。)に対して行う。

(略) (4)その他、本学の規則に違反し、又は学生の本分に反する行為

第3条懲戒処分の種類及び内容は、次のとおりとする。

(1)退学学生としての身分を奪い、放学すること。 (2)停学無期又は有期とし、この間の登学を禁止すること。 (3)訓告注意を与え、将来を戒めること。

Column 商大探舎 Vol.18

商業実践必携

1938年11月、同文館から小樽高等商業学校商業実践研究室編「商業実践必携」が刊行された。商業を学ぶ学生のハンドブックとして使うためのものである。同文館からは、この前後、原価計算、簿記、商工経営、会計検査法などの分野で専門学校の教科書、参考書、独習書が多数刊行されているが、「商業実践」の分野において小樽高商が全国の高商のなかでも最も充実整備された教育実践をおこなっていたことを、この教科書出版は示している。

『商業実践必携』

資料
請求