CLOSE

沿革

1911年に開学した小樽高等商業学校は、
高等商業学校開学から数えて100年を迎えました。

小樽商科大学は、昭和24年5月国立学校設置法(法律 第150号)により、新制大学として発足し、平成16年4月国立大学法人小樽商科大学に移行し、今日に至っています。その起源は、遠く明治44年5月全国の官立高等商業学校のうち第5番目として開校された小樽高等商業学校の設立にはじまります。
以来、今日に至るまでに、本学の歴史は実に109年の永きにわたっており、産業の興隆並びに学術・文化の発展に貢献してきました。

1910

設置

1911

小樽高等商業学校として設置

1944

小樽経済専門学校に名称を変更

1948

商学部内に英語臨時教員養成所を2年間設置

1949

小樽商科大学となり、商学部を設置。学部内に、経済学科、商業学科を設立

1952

小樽商科大学短期大学部を併設(1996年廃止)

1953

商学部に商業教員養成課程を設置(2004年廃止)

1954

専攻科(経理経営学専攻)を設置(1971年廃止)

1965

商学部に管理科学科を設置

1971

大学院として、商業研究科を設置し経営管理専攻(2001年廃止)を置く

1978

商学部商業学科に商業学科商学コースを設置、商業学科経営法学コースの2コースを設置

1991

商学部を改組。経済学科、商学科、企業法学科、社会情報学科と4学科体制とする。さらに、言語センターを設置

2000

ビジネス創造センターを設置(2016年廃止)

2004

国立大学法人 小樽商科大学となる。商学研究科を、現代商学専攻とアントレプレナーシップ専攻(専門職学位課程)の2専攻とする

2007

商学研究科の現代商学専攻に博士課程後期を設置。博士課程(前期・後期)とする

2015

グローカル戦略推進センターを設置


Column 商大探舎 Vol.17

行幸

1936年10月9日、昭和天皇が小樽高商を訪れた。毎年恒例の陸軍特別大演習を大元帥として統監する前後の地方行幸の一環で、学校への行幸もよく行われていた。この行幸では、室蘭、旭川、釧路、根室、帯広訪問を経て、小樽駅に到着、小樽市公会堂を視察し小樽高商へ来学。高商には40分程滞在し、苫米地校長、渡辺元校長らが「単独拝謁」した。この10月9日は翌年から行幸記念日とされた。

行幸

資料
請求