CLOSE

公開講座・公開授業のご案内

令和2年度 公開講座・公開授業のご案内

令和2年度も開講を予定しておりました公開講座・公開授業につきまして、今回、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、受講者の皆様の健康と安全の確保及び感染拡大防止を第一に考え、前期の実施を中止することといたしました。

開講を心待ちにしていただいていた皆さまには、大変残念なお知らせとなり、深くお詫び申し上げます。

なお、令和2年度後期の公開講座・公開授業については、現在通常通り開講予定となっておりますが、申込受付については、開講時期が近づきましたら改めてHPにてご案内させていただきます。

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2019年度 公開講座のご案内

本学では、生涯学習に対する社会的要請に応えるとともに、地域社会と大学との連携を深めるために、毎年、一般市民の方々のための公開講座を開催しています。

詳細につきましては、ご案内のPDFをご覧ください。下のリンクをクリックするとPDFファイルが開きます。

公開講座のご案内

2019年度 公開授業のご案内

本学では、一般市民の方々が学生とともに受講できるよう夜間主コースの正規授業の一部を開放しています。この機会に、キャンパスライフを体験しながら、本学の授業を皆様のブラッシュアップ、スキルアップにお役立てください。なお、単位の修得はできません。

詳細につきましては、ご案内のPDFをご覧ください。下のリンクをクリックするとPDFファイルが開きます。

公開授業のご案内

受講申込書のダウンロード

受講申込書は以下からもダウンロードすることが可能です。

パンフレットの送付を希望する場合、下記の問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先

教務課学部教務係

TEL:0134-27-5244 Mail:gakubu*office.otaru-uc.ac.jp

※メールを送信する際は、上記アドレスの*を@に変更してください。

Column 商大探舎 Vol.10

校歌の誕生

小樽高商では、寮歌や応援歌はあっても長らく校歌が作られなかった。1931年の創立20周年を前にして、校歌選定の機運が高まり、記念事業の一つとして校歌の歌詞を募集することになった。数点の応募があったが、適当な歌詞を選択できず、結局専門家である時雨音羽氏に作詞を依頼、作曲も杉山長谷夫(東洋音楽学校教授)に決定し、1932年1月、現在も歌いつがれている校歌が誕生した。7月には小樽高商のボーカル部員が上京し、コロムビア・レコードで校歌と行進曲の吹き込みを行った。

レコード広告(『緑丘』81,1934.8.3)

資料
請求