CLOSE

商大はマーケティング

小樽商科大学の理念である「実学・語学・品格」の「実学」の部分を強く体現している分野の一つが「マーケティング」です。

「マーケティング」は、理論だけでなく、実践に結びつくことなしにには成り立ちません。小樽商科大学は、国立大学では唯一の社会科学系の単科大学であり、小規模でありながらマーケティング関連専門分野の教授陣を多くそろえ、グローバルな視点でローカルを考える、実践的な教育プログラムを提供します。

近藤公彦教授

「リアル店舗やネット、すべてのチャネルで購買行動は起こるのです。それが『オムニチャネル』」

研究者インタビュー 近藤公彦教授

Read the Article

猪口純路教授

「『かっこいい』の概念も、企業のマーケティングによって変わる。それが面白さです」

研究者インタビュー 猪口純路教授

Read the Article

王力勇准教授

「旅行商品の販売はネットの普及で激変しましたが、仕組みはより複雑になりました」

研究者インタビュー 王力勇准教授

Read the Article

Column 商大探舎 Vol.30

阿部謹也の講義ノート

1964年8月に赴任した阿部謹也の初年度の「歴史学」の講義ノートを見よう。阿部は「歴史学とは何か」という問いを発するにあたり、社会科学、人文科学について説明を始める。ついで、大学において学ぶ歴史学と高校で教えられる歴史の違いについて、「歴史学は経験科学として学ばなければならない」こと、および高校のように世界史・日本史という区別はせず、「歴史学は全体として学ぶ」ことを指摘した。

阿部謹也「歴史学」講義ノート (『阿部謹也 最初の授業・最後の授業』)

資料
請求