CLOSE
  • HOME
  • 保健管理センター 特別修学支援室

保健管理センター 特別修学支援室

すべての学生のみなさんに、等しく学ぶ機会を。

特別修学支援室の写真

小樽商科大学では障がい(身体障がい、発達障がい、精神障がい、病弱・虚弱等)のある学生の皆さんの学ぶ権利を保障するために、保健管理センター特別修学支援室を開設しました。

特別修学支援室では、授業を担当する教員や学内外の各部署と連携し、それぞれのニーズに合わせて、各側面から大学生活をサポートしていきます。

利用時間

月曜日〜金曜 10:00~17:00

土曜日・日祭日・その他、大学が定めた休日は閉室となります。また、ご希望がありましたら上記以外の時間(9:00~10:00、17:00~21:00)でも相談対応が可能です。詳しくはご相談ください。


活動方針

平成28年4月に障害者差別解消法(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)が施行されました。小樽商科大学ではこの法律の理念を実現するために教職員対応要領を定め、同時に保健管理センターに特別修学支援室を設置して専従の教職員を配置しました。

リンク


活動内容

  1. 障がいのある入学志願者との事前相談に関すること
  2. 障がいのある学生からの修学等の相談に関すること
  3. 障がいのある学生の支援方策の立案及び実施に関すること
  4. 障がいのある学生の教育方法の改善等の提言に関すること
  5. 障がいのある学生の施設・設備の改善等の提言に関すること
  6. 教職員及び学生への意識啓発に関すること
  7. 支援室にかかる広報等に関すること
  8. その他障がいのある学生への合理的配慮及び支援に関し必要なこと

活動内容のイラスト。特別修学支援室は、学内の各部署ならびに病院といった外部機関と連携を取り、学生のみなさまをを支えています。

特別修学支援室の利用を希望される学生は、まずメールか電話でお問い合わせください。

面談の日程を調整いたします。

TEL:0134-27-5241  Mail:soudan*office.otaru-uc.ac.jp

※メールを送信する際は、上記アドレスの*を@に変更してください。

Column 商大探舎 Vol.31

小林多喜二碑完成予想図

「緑丘」は意識的に小林多喜二関連の記事をしばしば掲載している。1964年9月号には「多喜二碑 今秋着工」の記事が載る。1963年12月、伊藤整や加茂儀一学長らを呼びかけ人に、浜林正夫を事務局長とする文学碑建設期成会が結成され、全国に呼びかけられた。商大のクラスからも募金が集まった。予定よりやや遅れて、1965年10月9日、建立された碑の除幕式が行われた。それを報じる「緑丘」第350号には、「多喜二の碑は旭展望台から小樽市民の活動と商大生の動向を厳しい目でみつめている」とある。

「多喜二碑 今秋着工」(『緑丘』34,1964.9.15)