CLOSE

キャンパスマップ

小樽を一望できるキャンパスは
君たちの学業やサークル活動を応援するステージ。

キャンパスマップ

 

1号館(研究棟)

教員の研究棟です。

1号館(研究棟)

2号館(言語センター、情報総合センター(別館)、グローカル戦略推進センター(産学官連携推進部門))

1階にグローカル戦略推進センター、2階に情報総合センター、3〜5階に言語センターを有する多目的校舎です。

2号館(言語センター、情報総合センター(別館)、グローカル戦略推進センター(産学官連携推進部門))

3号館(研究棟、講義棟)

正門から真正面にあるメインの講義棟。大中小の講義室のほか、ゼミ室、実験室、学生何でも相談室などがある、本学の核になる講義棟です。各講義棟や図書館、教員の研究棟などへアクセスします。

3号館(研究棟、講義棟)

4号館(研究棟、講義棟)

1階は大学院の研究室、2階は大学院の講義室、3階と4階は研究者フロアとなっています。アクティブラーニング(AL)対応教室の集中する5号館や3号館へと繋がる校舎です。また、1階には、グローカル推進センターコラボルーム【C’s】があります。

4号館(研究棟、講義棟、国際交流センター)

5号館(講義棟、グローカル推進戦略センター(教育支援部門))

新しい時代へ向けた教育の環境が整った講義棟です。1階から2階にかけ、バリエーションに富んだアクティブラーニング(AL)対応教室を備えています。

5号館(講義棟、グローカル推進戦略センター(教育支援部門))

附属図書館

附属図書館についての詳細は、「附属図書館サイト」をご覧ください。

附属図書館

情報総合センター

情報総合センターの詳細は、「情報総合センターサイト」をご覧ください。

情報総合センター

大学会館

正門を入ってすぐ左手にある建物が大学会館です。食堂、売店、多目的ホールのほか、銀行のATMも設置しています。お昼休みにこの場所で過ごす学生も多く、交流の拠点となっています。

大学会館

保健管理センター

学生の健康管理を行う施設です。資格を有した専門スタッフが、学生の健康(精神的健康も含めた)相談に応じています。その他、定期健康診断、応急処置などを行います。

保健管理センター

事務棟

1階に学生センターがあり、学生の各種手続き等の担当窓口があります。その他1階・2階に事務局の各課が入っています。

事務棟

第1体育館

第1体育館には、バスケットボールコート1面が取れるアリーナ、ウォーキングトラック、シャワー室、武道場などの設備があります。体育の授業や部活動で毎日多くの学生に利用されているほか、入学式や卒業式も行われています。

第1体育館

第2体育館

第2体育館には、冬期間でも土の上で練習のできるトレーニング場があります。体育の授業や部活動で毎日多くの学生に利用されています。

第2体育館

弓道場

サークル活動で学生に利用されています。

弓道場

合宿研修施設

宿泊室・食堂・シャワー室などがあります。合宿や研修の施設として利用されています。

合宿研修施設

サークル共用施設

複数のサークル団体で使用している、課外活動用の共用施設です。共用室、練習室(音楽等)、シャワー室などがあります。

サークル共用施設

国際交流会館

キャンパスを見下ろす斜面に位置する国際交流会館は、留学生や海外からの研究者のためのアパートタイプの寮で、単身用38戸、世帯用3戸あります。

国際交流会館

学生寮(輝光寮)

93人を収容できる大学が運営する学生寮です。1人部屋と4人部屋があり、男女別のフロアーに分かれた各居室からは、大学のキャンパスや小樽の街が一望できます。

学生寮(輝光寮)

正門・警務員室

開学期から変らぬ場所で伝統を受け継ぐ正門の左側に警務員室があります。開学期から変らぬ場所で伝統を受け継いでいます。大学の正面入口となる正門です。左側には警務員室があります。

正門・警務員室

 


Column 商大探舎 Vol.21

閲覧禁止図書

小林多喜二を輩出し、軍事教練反対事件の先鞭を切った小樽高商だったが、1930年代半ば、日中戦争も本格化するなかで、校内の思想的引き締めも強まった。当局の指導により閲覧禁止となった書物の中には、福本和夫「社会構成並びに変革の過程」や鈴木茂三郎「日本独占資本主義の展望、河上肇「第二貧乏物語」「資本論入門」などの41冊。戦後になって再び閲覧できるようになったが、現在でも背表紙には「閲覧禁止」のラベル、内表紙にはこの処置に関する張り紙が貼られている。

閲覧禁止図書(附属図書館所蔵)

資料
請求