CLOSE

ビジョン・戦略

ビジョン2016‐2021

北海道経済の発展に寄与する「グローカル人材」を育成する

グローカル人材とは…グローバルな視野のもと、地域の視点から考え行動できる人材


戦略

上記のビジョンを達成するため、第3期中期目標期間(2016年‐2021年)は、3つの戦略に基づき、取組を推進していきます。

戦略1 新たな教育課程を構築し、グローカル人材を育成する

本学は、「ビジネスに国境なし」との考え方から、語学教育に力を注ぐとともに、卒業生からの大きな財政支援の下で留学環境を整備しています。また、小樽や近隣の市町村においても、地域コミュニティの中核的な存在として、地域に根差した教育を展開してきました。

このような本学の特徴を生かし、2015年度には、4学科の主専攻にプラスして取り組む「グローカルマネジメント副専攻プログラム」を導入し、2021年度には本プログラムをさらに発展させた主専攻プログラム「グローカルコース」を導入することとしました。

今後は、地域経済が求める「グローバルな視野で地域の問題を解決できるグローカル人材」を育成するため、地域の産業界や他大学等と連携した新しい教育環境を創造していきます。

戦略2 ビジネス開発プラットフォームの構築により、北海道経済の活性化に取り組む

本学は、創立以来100年にわたり、産業界や他大学等にさまざまな人材を送り出すとともに、強力なネットワークを築いてきました。また、経営系専門職大学院アントレプレナーシップ専攻では、北海道経済の活性化に向けたビジネス教育を行っています。

今後は、本学が持つビジネス教育のノウハウとネットワーク基盤となる連携体制「ビジネス開発プラットフォーム」を構築し、地域課題研究やビジネス研究を推し進めるとともに、経営人材育成プログラムを開発・推進することで、北海道の地域再生・活性化を図ります。

戦略3 アクティブラーニングの拠点として、新たな教育方法を普及・展開する

本学は、学生自身が強い動機と主体的な態度を持って学びに向き合うアクティブラーニングを実現するための教育改革を推進しています。

建学以来培ってきた実学教育の精神を基礎としつつ、多様な現代社会の課題を題材としたPBL教育の全学導入、先端的ICTを活用した反転型学習と多方向コミュニケーションによる協調学習、対面教育とコンピュータ支援学習を組み合わせたブレンデッドラーニングによる実践的外国語能力の向上など、多様で先進的なアクティブラーニング手法の開発と検証を進めており、2015年度に第12回日本e-Learning大賞「アクティブラーニング部門賞」を受賞するなど、社会から高い評価を得ています。

本学では、さらに加速度的に拡大・深化させて学部・大学院教育の質の向上とグローカル人材育成を図るとともに、他大学等と連携してその成果の普及に努めます。


グローカル人材育成に向けた近年の取組

2011年~ 実学教育推進のため、アクティブラーニングに対応した学修環境の整備
2013年~2018年3月 文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択 後志地域を中心に地域振興策を展開
2013年8月 小樽商科大学「NO.1グローカル大学」宣言を実施
2014年4月 文部科学省が「国立大学改革プラン」の一環としてミッションの再定義の結果を公表
2015年2月 ディプロマポリシー、カリキュラムポリシーを制定
2015年 グローバルな視野で考え、ローカルな視点で行動できるグローバルリーダーを育成することを目的とした「グローカルマネジメント副専攻プログラム」(GMP)を導入
2015年4月~2020年3月 文部科学省「大学教育再生加速プログラム(AP事業)」の「テーマⅣ 長期学外学修プログラム(ギャップイヤー)」に採択
2015年4月 全学的な教育研究組織「グローカル戦略推進センター」を設置

第3期中期目標期間(2016年‐2021年)

2016年4月 新しいビジョン「グローカル人材育成」を掲げる
2016年4月 教育支援部門、グローカル教育部門、産学官連携推進部門、研究支援部門で構成される「グローカル戦略推進センター」が本格稼働
2017年3月(毎年度開催) 本学が求める人材像や教育内容等について学外有識者から助言を受け、大学運営に資することを目的とした「グローカル戦略推進センターアドバイザリーボード会議」を開催
2018年4月 新たな4つの副専攻プログラムを導入(経済学、ビジネス法務、経営情報、アカウンティング)
2018年4月 「クォーター制」の導入による学事暦改革(グローバル教育科目)
2019年 本格的な入学猶予制度「ギャップイヤープログラム」を実施
2021年(予定) GMPにおける教育効果を検証し、GMPを発展させた新たな教育課程として「グローカルコース(主専攻プログラム)」を導入予定

「No.1 グローカル大学宣言」

概要

文部科学省が公募した「平成25年度 地(知)の拠点整備事業」(以下COC事業)に本学が採択されたことを受け、2013年8月8日、小樽商科大学「NO.1グローカル大学」宣言をし、山本眞樹夫学長(当時)が記者会見を行いました。

COC事業において、道内国立大では唯一の採択校であり、これは、本学が地域再生拠点の大学として位置づけられたことを意味しています。

記者会見はICT環境の整った213AL教室で行われ、山本学長が、グローバル時代における地域(北海道)のマネジメント拠点として、教育、研究及び社会貢献の全てにおいて、大学の機能強化を図ることを宣言しました。

学長挨拶 「No.1 グローカル大学宣言」によせて

本学は、1911年に開学した小樽高等商業学校(1944年に小樽経済専門学校と改称)を前身とし、戦後1949年に新制大学・小樽商科大学として発足しました。当時全国の高等商業学校が他の高等教育機関と合併し経済学部・経営学部として再スタートを切るなかで、本学だけは、単独で大学に昇格しました。その後、2004年に国立大学法人小樽商科大学となり、2011年には開学100年を迎えました。

2013年8月8日、本学は、「No.1 グローカル大学宣言」を行いました。これは、百年を越える歴史と伝統をもつ本学が、グローバル時代における地域(北海道)の教育研究拠点として再スタートを切ることを改めて確認したものです。

21世紀はグローバリズムが支配する社会であり、大学にはそのような時代を支える人材の育成が期待されています。グローバリズムとは、一言でいえば、経済社会の効率化・同質化・単一化が地球規模で進行するということです。しかしながら、それは、ある日突然に到来するものではなく、国や地域の間での交渉・交流を通じて形成されるものです。グローバリズムは、国や地域の観点から考え行動し、他の国や地域と共存・協働する人々の力によって担われるべきなのです。

グローバル時代に求められる能力は、グローバル(地球規模)な視野で、ローカルに(地域の視点から)考え行動できることであり、本学が目指すのは、そのような能力の育成です。宣言の中で「グローカル」という、グローバルとローカルをつなぎ合わせた造語を使用しているのはそのことを示しています。また、「No.1」と謳っているのは、グローバル人材育成において、全国の社会科学系の大学や学部の先導となるという本学の願いが込められています。

今後、この宣言に基づいて、カリキュラム改革や教育研究組織の再編を行い、地(知)の拠点整備事業を推進いたします。そこでは、本学の優れた基礎的研究成果に加えて、長い歴史と伝統をもつ実学教育の経験、百年にわたる語学教育の実績、産学官連携・地域研究・ビジネススクール教育で培われた北海道の企業・自治体等とのネットワークが投入される予定です。

国立大学法人小樽商科大学長 和田健夫


ミッションの再定義

文部科学省は、2014年4月8日に「国立大学改革プラン」の一環として、本学のミッションの再定義の結果を公表しました。ミッションの再定義とは、各国立大学と文部科学省が意見交換を行い、研究水準、教育成果、産学連携等の客観的データに基づき、各大学の強み・特色・社会的役割(ミッション)を整理したものです。

ミッションの再定義


Column 商大探舎 Vol.6

シャンツェ

1931(昭和6)年、校内にシャンツェ(スキージャンプ台)が完成した。日本のスキー競技の指導のため来日していたノルウェーのヘルセット中尉一行が小樽を訪れた際、小樽高商が候補地の選定を依頼したのがきっかけ。建設費用は文部省から配分された体育設備費で、2カ年計画により作られた。「緑丘」第58号には、「思ひ切り飛んで浮世の苦労を忘れるのも又一興。だがあまり飛びすぎて、学期試験もジヤムプしないように・・・」とある。このシャンツェからは多くの優秀なジャンパーが輩出した。

シャンツェ

資料
請求