CLOSE

本学学生の海外渡航

海外渡航時の手続き

海外渡航する場合,不測の事態を想定して海外旅行傷害保険の加入及び海外渡航中の連絡先等の提出等を指導しています。海外に渡航することが決まったら,出発前に「出発届」およびその添付書類を国際交流室へ提出してください。 出発届様式 (出発届記入例)

休学により海外渡航する場合

本学の留学制度を利用しない私費留学などで、休学の上海外に渡航する予定の場合は、同時に休学手続きを行う必要があります。まず、教務課で休学手続きについての説明を受けた上で、国際交流室に「出発届」およびその添付書類を提出してください。

休業期間中や学期中に海外渡航する場合

個人的理由により、休業期間中や学期中に海外渡航する場合でも、直接、国際交流室に「出発届」およびその添付書類を提出してください。

本学のプログラム(交換留学や語学研修等)で海外渡航する場合

交換留学や語学研修、海外研修プログラムなど、本学のプログラムに参加して海外渡航する場合は、出発前に手続きについて説明するオリエンテーションを行います。必ず参加し、大学の指示に従って、手続きを行ってください。

重要:新型コロナウイルス感染症の影響下における派遣留学について(2022年7月)

新型コロナウイルス感染症が海外渡航に影響を及ぼしている状況下での、本学のプログラムによる学生の派遣について、本学では下記のとおり基準を定めています。参加を希望する方は事前に十分に確認し、大学の指示に従って、手続きを行ってください。
【派遣留学の基準】

海外安全ホームページの感染症危険レベルが「レベル2」又は「レベル3」(新型コロナウイルス感染症の場合のみ)でも派遣を可能とする。ただし、次の条件を全て満たすことを前提とする。
1 本人が渡航を強く希望し、保護者が承諾していること

2 派遣留学先協定校が交換留学プログラム(受入)を実施していること

3 原則として、日本出発日の14日前までに、新型コロナウイルスのワクチン接種(3回目)を完了していること

4 渡航後に帰国勧告が発出される場合は、派遣先の大学及び本学の指示に従うこと
(必要書類) ①誓約書(様式Word様式PDF) ②ワクチン接種を証明する書類の写し
小樽商科大学から海外への留学

お問い合わせ先

国際交流室

TEL:0134-27-5262/5263 FAX:0134-27-05264 Mail:inljimu*office.otaru-uc.ac.jp

※メールを送信する際は、上記アドレスの*を@に変更してください。


資料
請求