CLOSE

時間割・シラバス

令和2年度 時間割

※講義室は、変更される可能性がありますので、必ず、教室変更の掲示で確認をしてください。 ※時間割の訂正は、必ず掲示で確認してください。

令和2年度 授業計画(シラバス)

※本年度開講される科目全てが一覧になっていますのでご注意ください。

  • 昼間コース科目(時間割コード:1******)
  • 夜間主コース科目(時間割コード:2******)
  • 教職共通科目(時間割コード:3******)

2019年度 履修の手引き


2019年度 時間割

※講義室は、変更される可能性がありますので、必ず、教室変更の掲示で確認をしてください。 ※時間割の訂正は、必ず掲示で確認してください。

2019年度 授業計画(シラバス)

※本年度開講される科目全てが一覧になっていますのでご注意ください。

  • 昼間コース科目(時間割コード:1******)
  • 夜間主コース科目(時間割コード:2******)
  • 教職共通科目(時間割コード:3******)

平成30年度 履修の手引き


平成30年度 時間割

※講義室は、変更される可能性がありますので、必ず、教室変更の掲示で確認をしてください。 ※時間割の訂正は、必ず掲示で確認してください。

平成30年度 授業計画(シラバス)

※本年度開講される科目全てが一覧になっていますのでご注意ください。

  • 昼間コース科目(時間割コード:1******)
  • 夜間主コース科目(時間割コード:2******)
  • 教職共通科目(時間割コード:3******)

平成29年度 昼間コース履修の手引き(抜粋)

【重要】単位数の訂正 ※その他修正事項については、掲示ないしは別途資料を配付してお知らせいたします。

平成29年度 夜間主コース履修の手引き(抜粋)

【重要】単位数の訂正 ※その他修正事項については、掲示ないしは別途資料を配付してお知らせいたします。

平成29年度 時間割

※講義室は、変更される可能性がありますので、必ず、教室変更の掲示で確認をしてください。 ※時間割の訂正は、必ず掲示で確認してください。

平成29年度 授業計画(シラバス)

※本年度開講される科目全てが一覧になっていますのでご注意ください。

  • 昼間コース科目(時間割コード:1******)
  • 夜間主コース科目(時間割コード:2******)
  • 教職共通科目(時間割コード:3******)

平成28年度 時間割

※講義室は、変更される可能性がありますので、必ず、教室変更の掲示で確認をしてください。

※シラバス・時間割の訂正は、必ず掲示で確認してください。

訂正(平成28年4月1日)

  • 昼間コース 社会学ⅠA 火曜日 3講目に開講します。(履修の手引きの記載は誤りです。)
  • 昼間コース 社会学ⅠB 火曜日 4講目に開講します。(履修の手引きの記載は誤りです。)
  • 化学Ⅰ 月曜日 5講目に開講します。(履修の手引きの記載は誤りです。)

平成28年度 昼間コース開講科目及び履修方法


平成28年度 夜間主コース開講科目及び履修方法


平成28年度 授業計画(シラバス)

※本年度開講される科目全てが一覧になっていますのでご注意ください。

  • 昼間コース科目(時間割コード:1******)
  • 夜間主コース科目(時間割コード:2******)
  • 教職共通科目(時間割コード:3******)

平成27年度 時間割

※講義室は、変更される可能性がありますので、必ず、教室変更の掲示で確認をしてください。 ※シラバス・時間割の訂正は、必ず掲示で確認してください。

平成27年度 昼間コース開講科目及び履修方法

訂正 企業法学科 基幹科目「行政法Ⅰ」 (誤)月5/水2 → (正)水2/金1【訂正】企業法学科 発展科目「民法Ⅱ」 (誤)木3/木4 → (正)月2/月3


平成27年度 夜間主コース開講科目及び履修方法


平成27年度 授業計画(シラバス)

※本年度開講される科目全てが一覧になっていますのでご注意ください。

  • 昼間コース科目(時間割コード:1******)
  • 夜間主コース科目(時間割コード:2******)
  • 教職共通科目(時間割コード:3******)

Column 商大探舎 Vol.3

商品実験室

戦後、新制大学への昇格にあたり、単独昇格が可能となる要因の一つに、教養課程における自然科学分野の充足が条件にされたが、それには開校以来の「商品実験」科の存在と実績が大きく貢献することになる。 他の高商に見られない独特の特色を強く打ち出そうと、本館一階の北側に理化学教室と二つの商品実験室(化学・物理)を配置し、実験設備なども備えるという大きな投資をおこなっている。

商品実験室

資料
請求