CLOSE

小樽商科大学アセスメント・ポリシー


アセスメント・ポリシー

小樽商科大学では、ディプロマ、カリキュラム、アドミッションの3つのポリシーに則して、学生の学修成果を評価するためのアセスメント・ポリシーを定める。本学のアセスメント・ポリシーは、機関レベル、教育課程レベル、授業科目レベルの3つのレベルにおいて、学生の入学時、在学時、卒業時の各段階において評価を実施する。

1.機関レベル

    学部、大学院(修士課程、専門職課程、博士後期課程)に対する各種指標・調査(就職率、資格取得、卒業時アンケート調査など)により、学修成果の達成状況を測る。

2.教育課程レベル

    学部の教育課程等における学修状況の各種指標(修得単位数、資格取得状況、GPA、退学率、学生生活アンケート調査など)により、学修成果の達成状況を測る。

3.授業科目レベル

    シラバスで提示された授業科目の学修目標に対する評価指標・調査(成績評価、学生授業アンケートなど)により、各科目レベルでの学修成果の達成状況を測る。

 

(参考)レベル・段階における評価資料と調査方法
入学時(APの検証) 在学時(CPの検証) 卒業時(DPの検証)
  • 1.機関レベル
  • 2.教育課程レベル(1・2共通)
  • ・入学試験
    ・入学生アンケート
    ・定期試験
    ・修得単位数
    ・GPA
    ・学生生活アンケート
    ・退学率、休学率
    ・資格取得
    ・学位授与数
    ・資格取得
    ・就職率、進学率
    ・卒業年次生アンケート
  • 3.授業科目レベル
  • ・プレイスメントテスト ・成績評価
    ・授業改善アンケート
    ・資格取得
    ・卒業年次生アンケート

    Column 商大探舎 Vol.23

    戦没者

    第二次大戦の深刻化とともに、「緑丘」紙上にも戦死者の訃報が載るようになった。なかでも1943(昭和18)年7月25日号は、在校生平塚勇二の戦死を写真付きで報じる。5月に玉砕したアッツ島守備隊の中には卒業生4名が含まれていた。11月には学校主催の「合同慰霊祭」が行われた。特攻の戦死者も10名程度あったと思われる。緑丘関係の戦没者を慰霊する記念塔が1969(昭和44)年に建てられた。347名の名前が刻まれている。

    『緑丘』177,1943.11.25

    資料
    請求