CLOSE

資料・様式

大学で行う手続きに関する資料・様式を掲載します。

手続き詳細に関しては、掲示で確認してください。また、メールでの書類の受領は行っていません。

研究指導(ゼミナール)に関すること


所属学科に関すること


単位認定に関すること

本学では、本学以外の教育施設等で学修した成果を本学の単位として認定することができます。

※メールで提出する際には、裏面の「確認事項」のチェックは不要です。また、英語IDの期末試験として受験したTOEIC IPテストについては、成績登録の関係上、担当教員への連絡は不要となります。(教務課で取りまとめて担当教員に連絡します)

詳しくは教育課程と学習を参照ください。

本学では、入学前の既修得単位を本学の単位として認定できる制度があります。 詳しくは履修の手引きを参照ください。

他大学との単位互換制度

※本学では、以下の国立大学との間に単位互換に関する協定を結んでいます。それぞれの大学の一部の授業科目を履修し、単位認定することができます。各大学の聴講に関しては、例年4月に情報を掲示します。申請期間が大変短くなっていますので、履修を希望する方は注意してください。

  • 北海道大学経済学部
  • 北海道教育大学札幌校
  • 道内国立大学7校

早期卒業、学部・大学院5年一貫教育プログラムに関すること

本学では、学則第41条により4年未満の在学での卒業が認められております。 詳細は12月中旬ころお知らせいたします。

2年次に「早期卒業希望調書」を提出した学生は、早期卒業認定審査の為「早期卒業審査願」の提出が必要です。 詳細は12月中旬ころお知らせいたします。

2年次に「早期卒業希望調書」を提出したが、早期卒業を辞退する場合は「辞退届」を提出してください。 詳細は12月中旬ころお知らせいたします。

学部において所定の学業成績を修め早期卒業をする学生に大学院での学修の機会を与える制度を設けています。 詳細は12月中旬ころお知らせいたします。

学部・大学院5年一貫教育プログラム審査のため「所属願」の提出が必要です。 詳細は12月中旬ころお知らせいたします。

2年次に「専攻・コース所属希望調書」を提出したが、学部・大学院5年一貫教育プログラムを辞退する場合は「辞退届」を提出してください。 詳細は12月中旬ころお知らせいたします。


長期履修に関すること

職業を有している等の事情で、通常の学生よりも1年間に修得可能な単位数や研究指導を受ける時間が制限されるため、夜間主コースの修業年限である4年を超えて在学しなければ卒業することができないと考える者に対し、申請に基づき大学が審査して標準修業年限を超えて在学し、計画的に教育課程を履修することを認める制度です。

長期履修学生として認められた在学期間の延長や短縮については、相当の理由があると認められる場合にのみ、長期履修学生として認められた卒業を予定する年度を除き1回に限り変更することができます。


Column 商大探舎 Vol.17

行幸

1936年10月9日、昭和天皇が小樽高商を訪れた。毎年恒例の陸軍特別大演習を大元帥として統監する前後の地方行幸の一環で、学校への行幸もよく行われていた。この行幸では、室蘭、旭川、釧路、根室、帯広訪問を経て、小樽駅に到着、小樽市公会堂を視察し小樽高商へ来学。高商には40分程滞在し、苫米地校長、渡辺元校長らが「単独拝謁」した。この10月9日は翌年から行幸記念日とされた。

行幸

資料
請求