CLOSE

博士前期課程シラバス


アカデミック・トレーニング科目

研究方法論 学術英語Ⅰ 学術英語Ⅱ 統計学

経済学コース

(基本科目)

ミクロ経済学Ⅰ ミクロ経済学Ⅱ マクロ経済学Ⅰ マクロ経済学Ⅱ
計量経済学Ⅰ 計量経済学Ⅱ 経済史

(発展科目)

公共経済学 産業組織論 労働経済学 金融経済学
国際経済学 国際金融 近代経済学説史 計算機経済学

国際商学コース

(基本科目)

現代市場システム論 国際市場戦略 経営史 経営組織論
財務会計論Ⅰ 管理会計論Ⅰ 異文化コミュニケーションの基礎Ⅰ 異文化コミュニケーションの基礎Ⅱ
英語教育のための言語学 日英語の対照言語学 言語教育論 応用言語学の基礎
言語文化論 初級ビジネス英語

(発展科目)

現代商学Ⅰ 現代商学Ⅱ 金融システム論 中小企業論
経営戦略論 労務管理論 財務会計論Ⅱ 管理会計論Ⅱ
会計学特講 異文化研究と英語教育 文学と英語教育 教材開発論
テスト評価論 中級ビジネス英語

企業法学コース

(基本科目)

行政法研究(基本) 租税法研究(基本) 憲法研究Ⅰ(基本) 憲法研究Ⅱ(基本)
刑事法研究(基本) 国際法研究(基本) 民法研究Ⅰ(基本) 民法研究Ⅱ(基本)
民法研究Ⅲ(基本) 商法研究Ⅰ(基本) 商法研究Ⅱ(基本) 商法研究Ⅲ(基本)
知的財産権法研究(基本) 労働法研究(基本) 社会保障法研究(基本) 国際経済法研究(基本)
法学総合研究A 外書購読

(発展科目)

行政法研究(発展) 租税法研究(発展) 憲法研究Ⅰ(発展) 憲法研究Ⅱ(発展)
刑事法研究(発展) 国際法研究(発展) 民法研究Ⅰ(発展) 民法研究Ⅱ(発展)
民法研究Ⅲ(発展) 商法研究Ⅰ(発展) 商法研究Ⅱ(発展) 商法研究Ⅲ(発展)
知的財産権法研究(発展) 労働法研究(発展) 社会保障法研究(発展) 国際経済法研究(発展)
法律学特論 法学総合研究B

社会情報コース

(基本科目)

マネジメントサイエンスⅠ マネジメントサイエンスⅡ 意思決定論 社会測定Ⅰ
情報システム論Ⅰ 情報システム論Ⅱ コンピュータサイエンスⅠ コンピュータサイエンスⅡ
知識科学

(発展科目)

地域システム論Ⅰ 地域システム論Ⅱ 社会測定Ⅱ 組織情報論Ⅰ
アプリケーションデザイン論Ⅰ アプリケーションデザイン論Ⅱ 情報システム戦略論Ⅰ 情報システム戦略論Ⅱ
知識情報論Ⅰ 知識情報論Ⅱ 社会情報特別研究

コース共通科目

社会科学諸分野の研究を進めていく上で随時必要となる文化、社会、科学技術、環境、自然科学等の関連分野の知識を習得するための科目群です。「人文・社会科学特講」、「自然・健康科学特講」、「外国語演習」などの科目が開講され、現代商学研究の多様化、学際化に対応し、自然科学など種々のアプローチによる研究を可能としています。

人文・社会科学特講a 人文・社会科学特講b 人文・社会科学特講c
自然・健康科学特講a 自然・健康科学特講b 自然・健康科学特講c
外国語演習a 外国語演習b 外国語演習c
外国語演習d 外国語演習e 外国語演習f
地域医療経営の基礎論 地域医療経営の実践論

研究指導

研究指導Ⅰ 研究指導Ⅱ 研究指導Ⅲ

Column 商大探舎 Vol.21

閲覧禁止図書

小林多喜二を輩出し、軍事教練反対事件の先鞭を切った小樽高商だったが、1930年代半ば、日中戦争も本格化するなかで、校内の思想的引き締めも強まった。当局の指導により閲覧禁止となった書物の中には、福本和夫「社会構成並びに変革の過程」や鈴木茂三郎「日本独占資本主義の展望、河上肇「第二貧乏物語」「資本論入門」などの41冊。戦後になって再び閲覧できるようになったが、現在でも背表紙には「閲覧禁止」のラベル、内表紙にはこの処置に関する張り紙が貼られている。

閲覧禁止図書(附属図書館所蔵)

資料
請求