CLOSE

私学研修員制度

概要

この制度は、私立学校、専修学校、公立高等専門学校、公立大学の教職員を私学研修員、専修学校研修員、公立高等専門学校研修員、公立大学研修員、教員研修センター研修員として国立大学法人が受け入れるものです。

研修期間は1年で、その期間は4月1日から翌年の3月31日までです。ただし、特別の事情がある場合には、その期間内において、研修期間を6か月又は3か月に短縮することができます。


研修料

研修料は次に定める研修料を3か月ごとに納付してください。

区分 研究機関 研究料
私学研修員、専修学校研修員、公立高等専門学校研修員、公立大学研修員 3か月 54,120円
教員研修センター研修員 3か月 16,920円

研修員の申込手続等

  1. 私学研修員の受入は、私学研修福祉会理事長の申出に基づき、専修学校研修員の受入は、財団法人専修学校教育振興会理事長の申出に基づき、公立高等専門学校 研修員の受入は、同研修員を派遣しようとする大学長の申出に基づき、教員研修センター研修員の受入は、 同研修員を派遣しようとする学校長の申出に基づき、学長が受入を決定します。


    ※「国立大学法人小樽商科大学研修員規程」をご参照の上、所定の申込用紙にてお申し込みください。


  2. 本学からの振込依頼書により、所定の金融機関に研究経費を納入してください。
  3. 経費の納入確認後、研修が開始されます。

Column 商大探舎 Vol.9

共済部と食堂

1925(大正14)年、校門前で営業していた「ハッピー食堂」が校内に学生食堂を開いたのが食堂の始まりだった。その後、長引く経済不況により、全国的に学生消費組合や共済部設置の動きが広まる。1931年12月に高商にも共済部ができ、学生食堂も共済からの委託業者による運営が行われるようになった。

食堂広告(『緑丘』63,1932.5.29)

資料
請求