CLOSE

私学研修員制度

概要

この制度は、私立学校、専修学校、公立高等専門学校、公立大学の教職員を私学研修員、専修学校研修員、公立高等専門学校研修員、公立大学研修員、教員研修センター研修員として国立大学法人が受け入れるものです。

研修期間は1年で、その期間は4月1日から翌年の3月31日までです。ただし、特別の事情がある場合には、その期間内において、研修期間を6か月又は3か月に短縮することができます。


研修料

研修料は次に定める研修料を3か月ごとに納付してください。

区分 研究機関 研究料
私学研修員、専修学校研修員、公立高等専門学校研修員、公立大学研修員 3か月 54,120円
教員研修センター研修員 3か月 16,920円

研修員の申込手続等

  1. 私学研修員の受入は、私学研修福祉会理事長の申出に基づき、専修学校研修員の受入は、財団法人専修学校教育振興会理事長の申出に基づき、公立高等専門学校 研修員の受入は、同研修員を派遣しようとする大学長の申出に基づき、教員研修センター研修員の受入は、 同研修員を派遣しようとする学校長の申出に基づき、学長が受入を決定します。


    ※「国立大学法人小樽商科大学研修員規程」をご参照の上、所定の申込用紙にてお申し込みください。


  2. 本学からの振込依頼書により、所定の金融機関に研究経費を納入してください。
  3. 経費の納入確認後、研修が開始されます。

Column 商大探舎 Vol.14

ジヤーナリズムは伝へる

「緑丘」第71号(1933年3月)に小林多喜二の名前が載ったのは、特高警察による虐殺の訃報である。この号は欠号であるが、スクラップブックに「ジヤーナリズムは伝へる 先輩作家小林多喜二の死」と題した記事が残されている。この記事掲載のため、学校当局によりこの号は配布禁止となった可能性が高い。

「ジヤーナリズムは伝へる」(『緑丘』71,193.3.2

資料
請求