CLOSE

出産・育児支援制度

本学における出産・育児支援制度について

本学では、教職員の仕事と育児の両立を支援するための様々な制度があります。

各種制度の概要については、出産・育児支援制度パンフレットをご覧ください。

また、各種制度の利用を希望される教職員については、総務課職員係からご説明させていただきますので、ご連絡ください。

平成27年12月に本学託児支援制度を制定しました。

本学教職員が、出張または休日における入試業務に従事する際に、ベビーシッター等を利用した場合、その一部を補助する制度です。

ご不明な点等ございましたら、総務課職員係にお問い合わせください。


お問い合わせ先

連絡先:内線5209 
Mail:shokuin*office.otaru-uc.ac.jp

※メールを送信する際は、上記アドレスの*を@に変更してください。


Column 商大探舎 Vol.10

校歌の誕生

小樽高商では、寮歌や応援歌はあっても長らく校歌が作られなかった。1931年の創立20周年を前にして、校歌選定の機運が高まり、記念事業の一つとして校歌の歌詞を募集することになった。数点の応募があったが、適当な歌詞を選択できず、結局専門家である時雨音羽氏に作詞を依頼、作曲も杉山長谷夫(東洋音楽学校教授)に決定し、1932年1月、現在も歌いつがれている校歌が誕生した。7月には小樽高商のボーカル部員が上京し、コロムビア・レコードで校歌と行進曲の吹き込みを行った。

レコード広告(『緑丘』81,1934.8.3)

資料
請求