CLOSE

自己点検・評価及び外部評価

外部評価とは

本学が作成した自己点検・評価報告書の妥当性と信頼性を検証するために、学外有識者で構成される外部評価委員会を設置し、本学の自己点検・評価報告書に対する外部評価を実施、外部評価報告書を作成し、今後の教育研究、業務運営に役立てることを目的とします。

平成29年度 大学院商学研究科アントレプレナーシップ専攻

外部評価結果(平成30年2月15日公表) 自己点検・評価報告書(平成29年9月作成)

平成26年度 商学部・大学院商学研究科現代商学専攻

外部評価結果(平成27年3月31日公表) 自己点検・評価報告書(平成26年10月作成)

平成24年度 大学院商学研究科アントレプレナーシップ専攻

外部評価結果(平成25年4月15日公表) 自己点検・評価報告書(平成24年11月作成)

平成20年度 商学部・大学院商学研究科現代商学専攻

外部評価報告書(平成21年4月24日公表)

※外部評価報告書内に自己点検・評価報告書(平成20年10月作成)も掲載

平成19年度 大学院商学研究科アントレプレナーシップ専攻

外部評価報告書(平成20年3月14日公表)

※外部評価報告書内に自己点検・評価報告書(平成19年11月作成)も掲載


Column 商大探舎 Vol.20

勤労動員 その1

国民精神総動員運動の具体化の一つとして、1938(昭和13)年から勤労動員が実施された。同年5月の文部省直轄学校長会議で決定されたもので、小樽高商では学生と教職員が参加して、花園公園の地均し作業、山上グラウンドの射撃場の構築などが行われた。このあいだ学生たちは寮で共同生活を送り、朝4時半起床、作業は8時開始、午後4時終了という日課だった。

勤労動員

資料
請求