CLOSE

海外進出支援

CGS産学官連携連携推進部門が保有する海外に関する人的ネットワーク、提携コンサルタント等を活用し、地域企業の海外市場進出をサポートしています。

調査・研究

海外進出予定国における市場メカニズムの調査・研究を行います。
調査・研究で得られた知見をもとに、学術的な観点から海外戦略・マーケテイング面での提言を行います。

フォローアップ

海外進出のステップに応じて課題を整理し、状況に応じたサポートを行います。

セミナー

これまでのサポート実績をベースに、各国の状況や進出リスク等の講演を行います。


事例紹介

ベトナムでの海外インターンシップ構築

クールHOKKAIDOネットワークに参画し、北海道企業のベトナム進出支援を開始しました。また姉妹提携校であるベトナム国家大学ホーチミン市国際大学と連携し、CBCベトナム交流セミナーの開催によって最新のベトナム経済状況について広く意見交換を行っております。他方で、北海道企業の進出に伴って学生がインターンシップを行えるようプログラム構築に向けた取り組みも実施しております。これにより北海道企業や姉妹提携校との人材交流を促進し、北海道企業の海外進出支援と学生の海外インターンシッププログラムを組み合わせた相乗効果を図っていきます。

台北市南港駅周辺への商業モールの進出可能性調査視察

2013年より台湾での高速鉄道の延伸による南港駅周辺の視察を行い、駅周辺に建設中の商業モールへの北海道企業進出の可能性を継続して調査してきました。台湾人のトレンドやライフスタイル、食文化などを北海道企業や現地のコーディネーターとディスカッションし、出店戦略や人的ネットワークの構築を進めております。さらに今後は健康食品や化粧品などの商材についての調査、研究を始め、来適者の多い台湾市場進出展開について、広く社会へ知見を発信していきます。

シンガポールでのマーケテイング調査

2013年に経済産業省の共同海外現地進出支援事業に採択された北海道「ヘルス&ビューティー」ブランド展開プロジェクトに続き、2014年はJAPANブランド育成支援事業のプロ
ジェクトへ参画し、サンテック・シンガポール国際会議展示場で開催されたOishii JAPANやシンガポール高島屋の催事でテストマーケティングを実施しました。シンガポール市場の
継続的な調査によって、HOKKAIDOブランドを活かした現地適応化戦略について研究を進めております。今後も北海道企業のさらなるビジネス展開支援を強化します。


Column 商大探舎 Vol.17

行幸

1936年10月9日、昭和天皇が小樽高商を訪れた。毎年恒例の陸軍特別大演習を大元帥として統監する前後の地方行幸の一環で、学校への行幸もよく行われていた。この行幸では、室蘭、旭川、釧路、根室、帯広訪問を経て、小樽駅に到着、小樽市公会堂を視察し小樽高商へ来学。高商には40分程滞在し、苫米地校長、渡辺元校長らが「単独拝謁」した。この10月9日は翌年から行幸記念日とされた。

行幸

資料
請求