CLOSE

文理融合

小樽商科大学は、北海道内大学との文理融合型共同研究により、技術的シーズの事業化を支援し、北海道経済活性化に向けた学術的且つ実践的な取り組みを推進します。

おもな事業実績例

国立大学法人帯広畜産大学との共同研究

帯広畜産大学が所有する食肉の画像解析による評価法の知的財産を活用して、国産和牛肉の海外展開に資する研究を実施。

北の四大学ビジネスプラン発表会

本活動は、2013年度に本学と公立はこだて未来大学の2大学で「港町対決!小樽×函館」としてスタートし、翌2014年度は北見工業大学が加わって「北の三大学」として、翌2015年度には帯広畜産大学も加わって、現在の「北の四大学」として以降5年間に渡り、各大学の学生研究プロジェクトを毎年発表してきました。
また「夏合宿」の開催によって大学間での学生達の交流機会を増やし、単なる発表だけに留まらず、学生同士がお互いの専門性によって地域課題や新ビジネスを広く議論することでベンチャーマインドを意識させる、ベンチャー教育の場にもなっています。


Column 商大探舎 Vol.12

北大予科との対抗戦

伴校長の在任した1920年代から30年代前半にかけては、学生の運動部や文化部の活動が、最も自由に展開されたというべきだろう。主な運動部は北大予科との定期戦を組むようになっており、さらに実力のある部は全国的な大会へも参加していく。写真のような挑戦状も見られたが、北大予科との対戦成績は全体としては劣勢だった。

弓道部「挑戦状」

資料
請求