CLOSE

学長選考会議

※学長選考会議の審議・報告事項について学長選考会議【審議・報告事項】一覧

学長選考会議は,本学の学長選考に関する重要事項を審議する組織です。本学の組織・運営規程では,以下のとおり規定されております。

国立大学法人小樽商科大学組織・運営規程 (平成16年4月1日制定)」より抜粋

(学長選考会議) 第4条 法人法第12条第2項に定める学長選考会議の構成は,次の各号に掲げるとおりとする。 (1)第12条第2項第5号に掲げる者の中から同条第1項に規定する経営協議会において選出された者 3名 (2)第13条第2項第5号から第15号までに掲げる者の中から同条第1項に規定する教育研究評議会において選出された者 3名


学長選考会議(名簿)

学外委員
氏名 職名
上林 猛 (かんばやし たけし) 前小樽市副市長
佐藤 一彦 (さとう かずひこ) 前室蘭工業大学長
福田 恭一 (ふくだ きょういち) 公益社団法人緑丘会副理事長
学内委員
氏名 職名
加地 太一 (かじ たいち) 教育研究評議会議員(社会情報学科教授)
河森 計二 (かわもり けいじ) 教育研究評議会議員(企業法学科教授)
副島 美由紀 (そえじま みゆき) 教育研究評議会議員(言語センター長)

学長選考関係諸規程

  1. 国立大学法人小樽商科大学学長選考会議規程
  2. 国立大学法人小樽商科大学学長選考規程
  3. 国立大学法人小樽商科大学学長選考学内投票細則
  4. 学長選考規程第5条に基づき別に定める「学長に求める資質・能力」
  5. 学長候補者の所信に関する取扱要項
  6. 学長選考規程第16条に定める「学長予定者の決定にかかる社会への公表事項」
  7. 国立大学法人小樽商科大学学長の業績確認に関する細則
  8. 国立大学法人小樽商科大学学長の解任審査手続きに関する細則

学長の業績確認結果

平成29年度 平成30年度 令和元年度

学長予定者の決定にかかる社会への公表事項

国立大学法人小樽商科大学次期学長予定者の決定について(令和2年1月16日)

Column 商大探舎 Vol.26

何故私は欠席したか?

小樽商大開学当初に規定された卒業所要単位は164単位という極めて多いものだった。月曜から金曜までが8時限、土曜は4時限、夏休みも短く、学生にも教員に負担が大きかった。同時に新制大学となった旧高商計の経済学部は136単位のところが多かったから、小樽商大の取得単位の多さは突出していた。ハードな時間割は学生の欠席の増加につながり、「緑丘」には「欠席者激増」との記事が載り、「何故私は欠席したか?」というアンケート調査が行われた。その後、卒業単位数は若干引き下げられることになる。

「何故私は欠席したか?」(『緑丘』215,1949.12.15)

資料
請求