CLOSE
  • HOME
  • 在学生
  • (新型コロナウイルス感染症危機対策)学生手続き一覧

(新型コロナウイルス感染症危機対策)学生手続き一覧

学生本人の電話番号・メールアドレス・住所が変わったとき

届け出 届け出用紙はありません。 キャンパススクエアで自分で変更してください

保護者が変わったとき、保護者の住所が変わったとき

届け出
  1. 保護者の住所を、キャンパススクエアで自分で変更してください (その他の部分は自分では変更できません)
  2. 学生センター窓口に備え付けの「保護者(住所)変更届」を提出してください
届け先 教務課教務企画係

学生証用現住所シールを変更したいとき(通学証明関係)

届け出 学生センター窓口に備え付けの「学生証用現住所シール申込用紙」を提出してください
※住所を変更している場合は、「住民票」または「アパートの賃貸契約書の写し」、「旧住所から退去したことがわかる証明書 ※実家に戻る場合のみ(退去時の精算証明書等)」が必要です
届け先 教務課教務企画係

注意 住所を変更している場合は、上記のいずれかの書類により、現住所を確認いたします。 提出が無い場合は現住所シールの発行はできませんのでご注意下さい。


改姓・改名・改籍したとき

届け出 学生センター窓口に備え付けの「改姓・改名及び改籍届」を提出してください
※戸籍抄本等の写しを添付してください
届け先 教務課教務企画係

休学したいとき

病気その他特別の理由により、3ヶ月以上修学が困難な場合は、休学をすることができます(学則第33条)。

届け出
  1. 「休学願」
  2. 「確認書(休学)」を提出してください
届け先 教務課教務企画係

復学したいとき

休学期間が終了すると、自動的に復学します。 ただし休学期間中に休学理由が消滅し、復学を希望する場合には、教務課教務企画係へ連絡してください。

届け出 「復学願」を、復学したい月の前月末までに提出してください
届け先 教務課教務企画係

退学したいとき

やむを得ない理由により退学しなければならない場合は、退学願を提出して許可を求めてください(学則第35条)。

届け出
  1. 「退学願」
  2. 「確認書(退学)」を提出してください
届け先 教務課教務企画係

学生証を紛失したとき

届け出 学生センター窓口に備え付けの「学生証申込用紙」を提出してください。
※発行は有料(1,045円)で、一週間程度かかります。
届け先 教務課教務企画係
注意 ※学生証ができるまでの間、仮学生証を希望する場合は、窓口に申し出てください。

証明書が必要なとき

学生センターの証明書自動発行機で以下の証明書の発行ができます。

※学生証が必要です。

  • 在学証明書
  • 成績証明書
  • 卒業見込証明書
  • 健康診断書
  • 学割証

やむを得ない事情で授業を欠席するとき

提出様式 以下から「欠席届」の様式をダウンロードし、必要事項を記入してください。 欠席届様式(Excelファイル)
提出先 教務課学部教務係 gakubu@office.otaru-uc.ac.jp

注意 ※担当教員に直接連絡する場合は、本学の教職員名簿(学内限定)を参考に、メール等で連絡してください。 特に、インターネット環境の不安定等によりリアルタイム配信授業を一時的に受講できない状況が発生した場合は、その時間帯に受講する意思があったことを示すために、速やかにメール等で直接担当教員に連絡することを推奨します。 ※病気けが等による欠席の場合は医師の診断書を添付してください。 欠席する授業が複数ある場合はそれぞれの欠席届に診断書(コピー可)を添付してください

提出された「欠席届」は、各先生にメールで転送いたします。 受け取った先生は、その欠席届と証明書類の内容を確認して、どう取り扱うかを判断するため、できる限り欠席の事由が分かる書類をつけるようにしてください。


学内に掲示をしたいとき

届け出 必要
届け出用紙 「掲示届」 ※学生センターにあります ※こちらのページから「課外活動関係様式集 様式第14号」をダウンロードするか学生支援係でも受け取れます。
注意 ※原則、掲示の3日前までに届け出てください。 ※掲示物を必ず学生支援係窓口まで持参してください。(届け出済スタンプを押します。) ※本学学生が関わるイベント等の掲示のみ可能です。 ※掲示許可期間は二週間です。 ※許可期間が終わったら速やかに掲示をはがしてください。

悩みごとを相談したいとき

どんなことでも気軽に相談できる「学生何でも相談室」があります。 直接相談することが難しければメールや電話でも相談できます。


車で通学したいとき

「学生入構許可証」が必要です。 「学生入構許可証」の申請時期は、年2回(4月・10月)のみです。 詳しい日程・手続きについては、デジタルサイネージの掲示及びHPでお知らせします。

対象 入構許可証交付基準
(1)昼間コース 公共交通機関による通学時間が片道概ね1.5時間を超える者
(2)夜間主コース 自動車通学を希望する者
(3)大学院生 通学距離が、片道1km以上の者
(4)共通 身体の障害又は疾病等のため、自動車によらなければ通学が困難な者
※「学生入構許可証」を交付された学生以外は自動車による通学は禁止しています。

問い合わせ先一覧

教務課教務企画係

TEL:0134-27-5236 Mail:k-kikaku*office.otaru-uc.ac.jp

教務課学部教務係

TEL:0134-27-5244 Mail:gakubu*office.otaru-uc.ac.jp

学生支援課学生支援係

TEL:0134-27-5245 Mail:g-shien*office.otaru-uc.ac.jp

※メールを送信する際は、上記アドレスの*を@に変更してください。

Column 商大探舎 Vol.11

修学旅行

1920年代前半、事情は不明ながら、公式の修学旅行は中断していた。1927年には、教務部主事の中村和之雄の提唱で、公式行事として修学旅行が復活した。以前と同じように、樺太方面、網走方面、室蘭方面、満鮮北支、のコースから選べることになっていたが、いずれも学生の経済的負担は大きく、参加者はあまり多くなかったようだ。

修学旅行

資料
請求