CLOSE

沿革

札幌サテライトの歴史

近年の激動する経済・企業活動の変化に対応して、具体的かつ実践的なアプローチによる総合的な商学研究の必要性が求められています。本学は歴史的にみれば、かっての北海道経済の中心地であった小樽を基盤に商学研究を推進し、同時に全国各地で活躍する人材を輩出してきました。その後札幌への一極集中化が進み、北海道経済・企業活動の中心も札幌に移り、本学の研究拠点の一つを札幌に設置する必要性が地域社会からも求められてきました。そこで本学は環境に恵まれた小樽キャンパスを本拠としつつ、札幌にサテライトを置く必要がでてきました。

札幌サテライトは、平成9年5月北海道経済センタービル(札幌市中央区北1条西2丁目)8階にオフィスが設置され、平成10年7月には6階にホールを増設、平成16年4月からは、専門職大学院アントレプレナーシップ専攻が設置されたことに伴う当該授業の札幌での実施のため、部屋の拡充を図るべく8階の1室を6階に借り換えし、6階2室の体制で行ってきました。

専門職大学院における本格的な授業に対応するとともに、産・官・学の連携の充実を図るため、平成17年4月にJR札幌駅西口のsapporo55ビル(札幌市中央区北5条西5丁目7番地)3階に移転しました。

なお、新しいサテライトには同窓会(緑丘会)札幌支部の部屋も設置されました。

北海道経済センタービル
(平成9年5月~平成17年3月)

sapporo55ビル
(平成17年4月~)


Column 商大探舎 Vol.2

ヘルメスの杖

高商建設時、そこは「天狗山麓」と通称されていたが、開校とともに「マアキユリ山」と呼ばれるようになった。小樽人は、ここにギリシャ・ローマ神話に由来する商業の神「マーキュリー(ヘルメス)」が舞い降り、小樽に経済的な繁栄をもたらしてくれると期待を寄せたのである。本館中央の屋根上には「ヘルメスの杖」と呼ばれるシンボルが立てられていた。現在、大学会館の食堂入り口前に当時の現物が展示されている。

ヘルメスの杖

資料
請求