CLOSE

サテライト概要

地域経済活性化への教育・研究の拠点として、小樽・札幌市近郊のみなさまから多くの利用を いただいております。

大学院の研究教育

小樽商科大学の大学院は、研究者の道を歩もうとする人材の養成を主目的とする「現代商学専攻」と、企業内において新規事業開発を担う人材、ベンチャーを起業し、成長発展戦略を立案・実行できる人材の養成を主目的とする「アントレプレナーシップ専攻」の二専攻があります。どちらの専攻も、社会人で学ぶ意欲のある方を受け入れております。

札幌サテライトでは、前述の二専攻で、働きながら学ぶ学生のために大学院教育を行っております。通常、現代商学専攻は、平日(月~金)の昼間(10:30〜17:40)及び夜間(17:45〜20:55)、アントレプレナーシップ専攻は、平日(月~金)の夜間(18:30〜21:40)に講義が行われます。

 

ビジネス相談

小樽商科大学では、平成12年度に社会科学系国立大学初の地域共同研究センターとして、ビジネス創造センター(CBC)を創設。地域の戦略的産学官連携の拠点として幅広く用いられ、平成28年4月1日よりグローカル戦略推進センター(CGS)となりました。 グローカル戦略推進センターでは、新規事業や経営に関するビジネス相談を受け付けていますが、忙しい方たちのために札幌サテライトでもビジネス相談を行っております。

 

グローカル戦略推進センター(CGS)の内容を知りたい方は、こちらをご覧ください。

研究会等

小樽商科大学には、従来から「研究会」が組織され、学外からも共同研究メンバーが多数参加しています。研究会の中には、高度な学術研究目的のほか、地域が抱える問題の具体的解明と解決策提示を目的とするものも含まれ、理工系を含む学外の「産学官」とも積極的に連携しており、札幌サテライトは、これらの研究活動の場として使用されております。

そのほかにも学会・同部会、広範な地域の皆さんとのミーティング・懇談会・相談や打ち合わせ、社会人・職業人・本学OB等に対する公開セミナー、地域への情報発信(研究成果や情報の発表、プレス発表会など)に利用され、有効に活用されています。

 

他にもこのような活動の場としてみなさまに利用いただいております。

 
社会人・職業人・本学OBに対する公開セミナー
社会人・職業人・本学OBに対する公開セミナー
報発信、研究成果や情報の発表・プレス発表会
情報発信、研究成果や情報の発表・プレス発表会
地域の皆さんとのミーティング・懇談会・相談・打ち合わせ
地域の皆さんとのミーティング・懇談会・相談・打ち合わせ

Column 商大探舎 Vol.25

小樽商大発足

1949(昭和24)年5月31日に交付された国立学校設置法により、全国68の新制大学と同時に、小樽商科大学は設置された。同日付で、大野純一小樽経済専門学校長が初代学長に任命され、山村良三事務官が事務局事務取扱となった。経済専門学校としての授業が進められている一方で、すぐに開学の準備が始まり、まず6月15日から入学試験が実施された。開学式は7月7日、第1回入学式についで行われた。道内の5つの国立大学のトップを切っての開学であった。

「小樽商大輝かしく発足」 (『緑丘』21,1949.7.20)

資料
請求