CLOSE

産学官連携ポリシー

国立大学法人小樽商科大学産学官連携ポリシー

平成17年3月11日制定

小樽商科大学は、全国唯一の国立商科系の単科大学として、自由な学風を尊び、優れた教育と研究並びにそれらの成果を活用した社会貢献を使命とし、地域社会および国際社会の付託に幅広く応える「知の創造」に努め、人類社会の福祉と発展に寄与します。産学官連携は、大学の知の成果を社会へ還元する重要な活動であり、本学は高い透明性と公平性をもって積極的に取り組みます。

そのために、小樽商科大学は次のことを表明します。

  1. 実学実践の伝統と理念のもと、本学の知的資源をもって社会の各主体と連帯し、知の成果を社会に還元し、豊かで活力溢れるわが国社会の発展と国際社会への貢献を行います。
  2. 産学官連携活動を通じて、地域経済の活性化と発展、並びにそれらの担い手となる実践的かつ創造力に溢れた人材育成に取り組みます。
  3. 文理融合型の社会連携課題に取り組み、新産業の創出と事業のイノベーションに寄与します。
  4. 産学官連携活動を積極的かつ持続的に推進する組織を設け、能力ある適切な人材を配置し、社会に貢献する知の創造に努めます。
  5. 産学官連携活動は高い透明性と公平性をもって取組み、十分な説明責任を果たします。

Column 商大探舎 Vol.1

地獄坂

稲穂小学校の通称「玉の井坂」は、小樽高商の開校直後から「地獄坂」と呼ばれるようになった。それは、学生・教職員の難儀の叫びから生まれたものだった。「通路は急勾配の為め、職員生徒の困難甚だしく、生徒等は地獄坂と通称するに至れり」と、1913年7月16日の「小樽新聞」の記事は伝える。当時の地獄坂は、「ひどい荒れ坂だった」(松田新「開校当時の思ひ出」)。

#地獄坂

資料
請求