CLOSE

地域人材育成の取組


しりべし未来創造大学

本学は、「地(知)の拠点整備事業」の取組として、「しりべし」地区観光ネットワークの形成支援を目指しております。地域ニーズに基く地域人材育成プログラムの開発の一環として、しりべし未来創造大学を開校いたしました。


ニセコ創業塾

ニセコ町で積極的に起業しようとする創業予定者や事業継承予定者に対して、ソフト面における支援事業を実施し、創業と事業継承の推進を図ることにより、地域経済の活性化に寄与することを目的とし、ニセコ創業塾(二期目からはニセコビジネススクール)を開催いたしました。


Column 商大探舎 Vol.17

行幸

1936年10月9日、昭和天皇が小樽高商を訪れた。毎年恒例の陸軍特別大演習を大元帥として統監する前後の地方行幸の一環で、学校への行幸もよく行われていた。この行幸では、室蘭、旭川、釧路、根室、帯広訪問を経て、小樽駅に到着、小樽市公会堂を視察し小樽高商へ来学。高商には40分程滞在し、苫米地校長、渡辺元校長らが「単独拝謁」した。この10月9日は翌年から行幸記念日とされた。

行幸

資料
請求