CLOSE

リスクマネジメントシステム

本学では、想定される様々なリスクに的確に対処するため、「リスクマネジメント・ポリシー」を策定し、「リスクマネジメント規程」、「リスクマネジメントガイドライン」及び「危機管理マニュアル」を整備しています。


  1. 災害対策マニュアル【大規模地震】
  2. 地震対応初動マニュアル(学生用)
  3. 地震対応初動マニュアル(教職員用)
  4. 災害対策マニュアル【火災】
  5. 災害対策マニュアル【爆発】
  6. 災害対策マニュアル【風水害等・台風等】
  7. 災害対策マニュアル【毒劇物】
  8. 事件・事故マニュアル【食中毒・感染症】
  9. 事故対策マニュアル【不審者侵入】
  10. 事件・事故対策マニュアル 【国際交流・海外派遣関係】
  11. 資料編

リスクマネジメントに関するお問い合わせ先

教職員:総務課総務係

TEL:0134-27-5206 
Mail:shomu*office.otaru-uc.ac.jp


学生:学生支援課学生支援係

TEL:0134-27-5245 
Mail:g-shien*office.otaru-uc.ac.jp


留学生:学生支援課国際交流室

TEL:0134-27-5263 
Mail:inljimu*office.otaru-uc.ac.jp

※*を@に変更して送信してください。


Column 商大探舎 Vol.10

校歌の誕生

小樽高商では、寮歌や応援歌はあっても長らく校歌が作られなかった。1931年の創立20周年を前にして、校歌選定の機運が高まり、記念事業の一つとして校歌の歌詞を募集することになった。数点の応募があったが、適当な歌詞を選択できず、結局専門家である時雨音羽氏に作詞を依頼、作曲も杉山長谷夫(東洋音楽学校教授)に決定し、1932年1月、現在も歌いつがれている校歌が誕生した。7月には小樽高商のボーカル部員が上京し、コロムビア・レコードで校歌と行進曲の吹き込みを行った。

レコード広告(『緑丘』81,1934.8.3)

資料
請求