CLOSE

リスクマネジメントシステム

本学では、想定される様々なリスクに的確に対処するため、「リスクマネジメント・ポリシー」を策定し、「リスクマネジメント規程」、「リスクマネジメントガイドライン」及び「危機管理マニュアル」を整備しています。


  1. 災害対策マニュアル【大規模地震】
  2. 地震対応初動マニュアル(学生用)
  3. 地震対応初動マニュアル(教職員用)
  4. 災害対策マニュアル【火災】
  5. 災害対策マニュアル【爆発】
  6. 災害対策マニュアル【風水害等・台風等】
  7. 災害対策マニュアル【毒劇物】
  8. 事件・事故マニュアル【食中毒・感染症】
  9. 事故対策マニュアル【不審者侵入】
  10. 事件・事故対策マニュアル 【国際交流・海外派遣関係】
  11. 資料編

リスクマネジメントに関するお問い合わせ先

教職員:総務課総務係

TEL:0134-27-5206 
Mail:shomu*office.otaru-uc.ac.jp


学生:学生支援課学生支援係

TEL:0134-27-5245 
Mail:g-shien*office.otaru-uc.ac.jp


留学生:学生支援課国際交流室

TEL:0134-27-5263 
Mail:inljimu*office.otaru-uc.ac.jp

※*を@に変更して送信してください。


Column 商大探舎 Vol.31

小林多喜二碑完成予想図

「緑丘」は意識的に小林多喜二関連の記事をしばしば掲載している。1964年9月号には「多喜二碑 今秋着工」の記事が載る。1963年12月、伊藤整や加茂儀一学長らを呼びかけ人に、浜林正夫を事務局長とする文学碑建設期成会が結成され、全国に呼びかけられた。商大のクラスからも募金が集まった。予定よりやや遅れて、1965年10月9日、建立された碑の除幕式が行われた。それを報じる「緑丘」第350号には、「多喜二の碑は旭展望台から小樽市民の活動と商大生の動向を厳しい目でみつめている」とある。

「多喜二碑 今秋着工」(『緑丘』34,1964.9.15)

資料
請求