CLOSE

ユニバーシティ・アイデンティティ

小樽商科大学は、開学100年をこえた歴史と伝統を重んじながら、「グローカル人材(グローバルな視点から北海道経済の発展に貢献できる人材)の育成」をビジョンに掲げ、教育課程・教育方法・教育組織の改革などによって大学の機能強化を推進していきます。

このビジョンをより効果的に実現し、小樽商科大学のアイデンティティを明確にするため、ユニバーシティ・アイデンティティ(UI)ガイドラインを制定しました。小樽商科大学では、このガイドラインに基づき、教職員・学生が一体となって、ユニバーシティ・アイデンティティ活動を推進していきます。


小樽商科大学ユニバーシティ・アイデンティティ ガイドライン


学章「ヘルメスの翼に一星」

平成10年10月1日に学章(シンボルマーク)が制定されました。

この学章「ヘルメスの翼に一星」は、商業神ヘルメスの翼の上にある一星が、北の大地から英知の光を放つ様子をあらわしたものです。下のリボンには、1910年の創立とOtaru University of Commerceの頭文字が示されています。

ヘルメス(Hermes)は、ギリシャ神話の神の一人で伝令の神、また商業、学術などの神とされています。ローマではマーキュリー(Mercury)と呼ばれています。ヘルメスは2匹の蛇がからみついた翼の杖をもち、伝令の神として世界を飛翔しています。一星は、本学の前身である小樽高等商業学校以来、本学のシンボルとして用いられてきました。「北に一星あり。小なれどその輝光強し。」と謳われた本学の伝統を象徴しています。


ロゴタイプ

和文ロゴタイプ

欧文ロゴタイプ


ユニバーシティカラー

エンジ
CMYK:C20 M100 Y80 K50
RGB:R126 G0 B21(#7e0015)
特色:DIC305

ブラック
CMYK:C0 M0 Y0 K100
RGB:R34 G34 B34(#222222)
特色:K100


Column 商大探舎 Vol.7

マルサス研究

1934(昭和9)年、「百年忌記念 マルサス研究」が刊行された。東京商大教授だった上田貞次郎は論文冒頭で、「マルサスの死後満百年の紀念すべき機会に当つて、小樽高等商業学校の同学諸君が結束してこの偉大なる思想家の協同研究に邁進されたことは実に学会の盛事であつて欣羨に耐へざる次第」と記しているが、どのような経緯でこの構想が練られたのかは不明である。論文執筆者は、南亮三郎、手塚寿郎をはじめ過半数が緑丘関係者であり、その総力をあげた「協同研究」だった。

『百年忌記念マルサス研究』

資料
請求