CLOSE

アドミッションセンター

小樽商科大学アドミッションセンターは、小樽商科大学商学部の入学者選抜の実施、入学者選抜方法についての調査研究・分析及び入学者選抜に関する広報活動等を行うことにより、本学における入学者選抜の円滑な実施に資することを目的として設置されました。

担当業務

  • 入学者選抜制度、方法等の設計
  • 入学者選抜試験実施に関する総括
  • 高大接続、高大連携活動、入試広報の企画・立案
  • 入学者選抜の結果に関する等統計及び調査分析
  • その他入学者選抜に関する事項

スタッフ

センター長(兼任) 教育担当副学長 鈴木 将史 
副センター長(兼任) 商学部社会情報学科教授 佐山 公一
専任 准教授 野口 将輝
(兼任) 保健管理センター所長教授 高橋 恭子
(兼任) 商学部企業法学科教授 石黒 匡人
(兼任) 商学部一般教育等教授 岡部 善平
(兼任) 特別修学支援室長教授 杉山 成

事務担当:教務課入試室

Column 商大探舎 Vol.22

勤労動員 その2

1938(昭和13)年以降に実施されていた集団勤労動員は、戦局の深刻化とともに、新たな段階に達する。1943年、政府の決定した「学徒戦時動員態勢確立要綱」にもとづき、小樽高商は北大、帯広高等獣医などとともに学校報国隊北海道地方部を編成した。小樽高商では全校生を3班に分け、八雲、千歳、女満別の飛行場建設に動員した。

勤労動員(岩原秀夫「勤労と兵役の中の緑丘生活」『小樽商大緑丘会報』 2,196.6.30)

資料
請求