CLOSE

学生へのお知らせ

2020.03.25

学生の新型コロナウイルス感染症予防について(2020.3.25更新)

(主な更新内容:感染拡大防止を図るための注意点を、3月24日に公表された文部科学省の学校再開ガイドラインを踏まえた内容とするとともに、海外から日本に入国した後は、どの国から入国したかにかかわらず、14日間の健康観察を実施してもらうことを記載しました。)

1.基本的な予防対策
基本的な予防対策として、手洗い、咳エチケット、人混みを避けるなどの注意をお願いいたします。また、免疫力を高めるため、十分な睡眠・適度な運動・バランスの取れた食事を心がけてください。発熱などの風邪症状が見られるときは外出を控えてください。特に、ライブハウス・スポーツジム等、換気の悪い密閉空間、多くの人が密集、近距離での会話や発話という3つの条件が重なる空間に滞在することは、感染の可能性を大きく高めることになりますので、絶対に避けてください。
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解において、本学学生のほとんどが該当する、10~30代の若者世代の感染予防行動が重要とされています。

 
2.サークル・学生団体等の活動自粛について
北海道知事の「緊急事態宣言」期間終了後も、未だ感染収束の見通しは立っていないことから、感染拡大防止のため、引き続き、風邪の症状がある場合の外出を控えることや、大勢の人が集まる風通しが悪い場所への外出を避けることが求められています。
ついては、学生の皆さんも、こうした状況を踏まえ、不要不急の外出・活動は可能な限り自粛するようにしてください。
特に、学外から不特定多数の方を招いて実施するイベントは、中止してください。
その他の活動(対外試合等)については、一律の中止は求めませんが、以下の感染症予防策を確実に実施するようにしてください。

 
(感染症予防策)
(1)イベントは、最小限のスケジュールにするとともに、実施者・参加者に対し、マスク着用・手洗いの励行・体調不良者の参加見合わせを呼び掛ける。
(2)会場の換気を定期的に行う(1時間に1回、5~15分程度)。施設利用終了後は、必ず15分間換気し、会場内で多くの人が触れるものに対する消毒等を実施する。
(3)会場入り口等に、アルコール消毒液を設置する。
(4)飲食等の提供(軽食やコーヒー等)は控える。懇親会等もできる限り自粛する。
(5)会場レイアウトや座席等の配置を工夫する。(飛沫感染対策として参加者の間隔を2メートル以上あけることが推奨されています。)
 
3.課外活動施設の利用方法の変更について
当面、本学課外活動施設の利用については以下の取り扱いとします。
(1)本学の合宿所は、閉鎖します。
(2)体育館及びサークル会館は、適切な衛生管理を実施できる時間が限られていることから、
 平日の午前9時30分から午後4時30分までの間以外は施錠します。(3月14日土曜日から実施)
 これ以外の時間帯は、学内者であるか否かにかかわらず使用できません。
(3)合宿所以外の課外活動施設については現時点では閉鎖しませんが、利用にあたっては、事前に学生支援係に緊急対策名簿を提出してください。(顧問への相談及び使用日の前日までに緊急対策名簿の提出が無い団体等の使用は認めません。)
(4)課外活動施設を使用するにあたっては、2の(1)~(5)で掲げた各種予防策の実施を徹底してください。

 
4.海外から日本に入国した場合
海外(日本以外の全ての国)から日本に入国して2週間以内の方で、日本に入国する旨を予め本学の国際交流室に連絡していない方は、症状の有無にかかわらず、保健管理センターに電話で連絡をしてください。

 

電話:0134-27-5266

 

これらの国からの入国時に症状がない場合も、入国から2週間は自宅で健康観察を実施し、外出はできるだけ避けてください。
もし、健康観察期間中に37.5℃以上の発熱、呼吸器症状(咳、呼吸困難など)が出た場合は、帰国者・接触者相談センターまたは最寄りの保健所に電話相談の上、医療機関を受診した後、その結果を保健管理センターに連絡してください。道内の帰国者・接触者相談センターまたは保健所の連絡先は、以下のホームページに掲載されています。

(北海道ホームページ・新型コロナウイルスに関連した肺炎について)

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/kak/singatakoronahaien.htm
 
5.新型コロナウイルス感染症への罹患が疑われる場合
厚生労働省は、次の症状がある場合、帰国者・接触者相談センターに相談してほしいと呼びかけています。
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

上記の症状がある場合は、帰国者・接触者相談センターに電話で連絡をして、受診先の医療機関・受診時の注意事項などについて指示を受けてください。
帰国者・接触者相談センターへの相談とその後の受診を経て、新型コロナウイルス感染症に罹患したことが確定した場合は、その旨を本学の保健管理センターまたは学生支援課に至急連絡してください。

 

6.海外渡航しようとする場合の注意点
学生向けの注意点を以下のホームページにまとめていますので、海外渡航を計画・予定している学生は必ず確認してください。
留学・国際交流からのお知らせ

 
7.関連ホームページ
以下の関連ホームページ等から最新の情報を入手して予防対策を実施してください。

〇新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(内閣官房ホームページ)

https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html
〇中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について(厚生労働省ホームページ)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
〇海外感染症発生情報(厚生労働省検疫所FORTHホームページ)
https://www.forth.go.jp/topics/fragment1.html

〇海外安全情報(外務省ホームページ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/

〇新型コロナウイルス感染症について(北海道ホームページ)

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/singatakoronahaien.htm

〇新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(厚生労働省ホームページ)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00011.html

〇No More Corona プロジェクト(北大)

https://no-more-corona.com/covid-19-this-is-ok-or-not/

アーカイブ

カテゴリ

月別

資料
請求