CLOSE
  • HOME
  • 在学生
  • 客観的な指標に基づく成績の分布状況

客観的な指標に基づく成績の分布状況

成績管理の客観的な指標として本学ではGPA(Grade Point Average)を用いて、各学年毎の成績分布図を作成しています。 なお、成績分布の下位4分の1に属する対象人数と年度GPA及び累積GPAとなる閾値を示しています。    

Column 商大探舎 Vol.9

共済部と食堂

1925(大正14)年、校門前で営業していた「ハッピー食堂」が校内に学生食堂を開いたのが食堂の始まりだった。その後、長引く経済不況により、全国的に学生消費組合や共済部設置の動きが広まる。1931年12月に高商にも共済部ができ、学生食堂も共済からの委託業者による運営が行われるようになった。

食堂広告(『緑丘』63,1932.5.29)

資料
請求