CLOSE
  • HOME
  • 在学生
  • 客観的な指標に基づく成績の分布状況

客観的な指標に基づく成績の分布状況

成績管理の客観的な指標として本学ではGPA(Grade Point Average)を用いて、各学年毎の成績分布図を作成しています。

なお、成績分布の下位4分の1に属する対象人数と年度GPA及び累積GPAとなる閾値を示しています。

   

Column 商大探舎 Vol.18

商業実践必携

1938年11月、同文館から小樽高等商業学校商業実践研究室編「商業実践必携」が刊行された。商業を学ぶ学生のハンドブックとして使うためのものである。同文館からは、この前後、原価計算、簿記、商工経営、会計検査法などの分野で専門学校の教科書、参考書、独習書が多数刊行されているが、「商業実践」の分野において小樽高商が全国の高商のなかでも最も充実整備された教育実践をおこなっていたことを、この教科書出版は示している。

『商業実践必携』

資料
請求