CLOSE

2022年度日本人対象フルブライト奨学生募集開始

日本人対象アメリカ留学・奨学金プログラム 2022年度フルブライト奨学生募集開始のお知らせ
この度、日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)は日本人を対象とした「2022年度フルブライト奨学生」の募集を開始いたしました。
■応募期間:2021年4月1日12:00~5月31日23:59 (オンラインで受付)
対象となる学術分野は、米国および日本、さらにはグローバル社会に関連した人文・社会科学、あるいは学際的な学問分野です。
■奨学金プログラムの種類 • 大学院留学プログラム • 大学院博士論文研究プログラム • 研究員プログラム • ジャーナリストプログラム
応募資格要件、給付内容等はプログラム毎に異なります。
募集要項(詳細)、フルブライト奨学金の特色、日米奨学生リスト等はウェブサイトにてご確認ください。 https://fulbright.jp/scholarship/index.html
フルブライト奨学金の説明動画もご利用いただけますのでぜひご覧ください。 https://www.fulbright.jp/scholarship/application/briefing.html
なお、お問い合わせは、下記ウェブサイトからお願いいたします。
https://www.fulbright.jp/scholarship/contact.html
フルブライト奨学金は、奨学生に対してそれぞれの専門分野の研究を進めるための財政的援助を行うとともに、何らかの形で日米の相互理解に貢献できるリーダーを育成することを目的としています。 またフルブライト奨学生は各自の研究活動を行うだけでなく、それぞれの留学先や地域社会・文化等の様々な活動に積極的に参加することで両国に対するより一層の知見を広める事が期待されています。
日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)フルブライト交流部
https://www.fulbright.jp/scholarship/index.html

Column 商大探舎 Vol.20

勤労動員 その1

国民精神総動員運動の具体化の一つとして、1938(昭和13)年から勤労動員が実施された。同年5月の文部省直轄学校長会議で決定されたもので、小樽高商では学生と教職員が参加して、花園公園の地均し作業、山上グラウンドの射撃場の構築などが行われた。このあいだ学生たちは寮で共同生活を送り、朝4時半起床、作業は8時開始、午後4時終了という日課だった。

勤労動員

資料
請求