CLOSE

グローカルコース

本学は、平成25年に『No.1グローカル大学』宣言を行って以来、平成27年度にグローカルマネジメント副専攻プログラムを導入、平成31年度ギャップイヤープログラムを導入するなど、「北海道経済の活性化に資するグローカル人材」の育成というミッションを達成すべく、さまざまな教育に取り組んでまいりました。そしてこの度、新たな教育として、平成33年度から「小樽商科大学グローカルコース」を設置することとし、平成30年10月30日に記者会見を行いました。

主なポイント

  • グローカルコースは、地球規模の視野で学び、異文化理解に優れ、卓越した言語コミュニケーション能力を活用して、複雑化する地域社会の諸問題を解決するための資質を有する人材を育成することを目的としたコースで、平成27年度に導入した「グローカル・マネジメント副専攻プログラム」を発展させた主専攻プログラム
  • 本コースの設置に伴い、令和2年度から、本コースの学生を選抜するための新たな入試制度として、「グローカル総合入試(総合型選抜)」を実施
  • 全国的にも例のない取組として、グローカル総合入試合格者を対象として、本学入学を1年猶予し、入学前の海外留学を可能とする「ギャップイヤープログラム」を導入


ギャップイヤープログラムの詳細はこちら

記者会見(グローカルコース)の概要はこちら

Column 商大探舎 Vol.7

マルサス研究

1934(昭和9)年、「百年忌記念 マルサス研究」が刊行された。東京商大教授だった上田貞次郎は論文冒頭で、「マルサスの死後満百年の紀念すべき機会に当つて、小樽高等商業学校の同学諸君が結束してこの偉大なる思想家の協同研究に邁進されたことは実に学会の盛事であつて欣羨に耐へざる次第」と記しているが、どのような経緯でこの構想が練られたのかは不明である。論文執筆者は、南亮三郎、手塚寿郎をはじめ過半数が緑丘関係者であり、その総力をあげた「協同研究」だった。

『百年忌記念マルサス研究』

資料
請求