CLOSE

センター長挨拶

センター長 穴沢 眞(学長)

小樽商科大学は平成28年度からスタートした第3期中期目標期間(平成33年度まで)のビジョンを「グローカル人材(グローバルな視点から北海道経済の発展に貢献できる人材)の育成」と掲げ、このビジョンをより効果的に実現していくため、平成27年4月に新たな全学的教育研究支援組織としてグローカル戦略推進センターを設立し、平成28年4月には、既存の教育開発センター(実践的な教育方法)、国際交流センター(国際交流)及びビジネス創造センター(産学官連携)の機能を統合し、本格稼働いたしました。

本センターには全教員が所属しており、ビジョンを大学全体として認識し、教職員一体となり組織的に大学改革や大学機能の強化に取り組んでいます。

また、学外からの声を本学の教育・研究・社会貢献活動の充実に生かしていくため本センターにアドバイザリーボードを設置しました。

地域との連携をより深めながら本センターを司令塔に本学の教育研究改革、地域貢献を進めています。

センター長 穴沢 眞(学長)

Column 商大探舎 Vol.10

校歌の誕生

小樽高商では、寮歌や応援歌はあっても長らく校歌が作られなかった。1931年の創立20周年を前にして、校歌選定の機運が高まり、記念事業の一つとして校歌の歌詞を募集することになった。数点の応募があったが、適当な歌詞を選択できず、結局専門家である時雨音羽氏に作詞を依頼、作曲も杉山長谷夫(東洋音楽学校教授)に決定し、1932年1月、現在も歌いつがれている校歌が誕生した。7月には小樽高商のボーカル部員が上京し、コロムビア・レコードで校歌と行進曲の吹き込みを行った。

レコード広告(『緑丘』81,1934.8.3)

資料
請求