文理融合

小樽商科大学は、北海道内大学との文理融合型共同研究により、技術的シーズの事業化を支援し、北海道経済活性化に向けた学術的且つ実践的な取り組みを推進します。

おもな事業実績例

●国立大学法人帯広畜産大学との共同研究
帯広畜産大学が所有する食肉の画像解析による評価法の知的財産を活用して、国産和牛肉の海外展開に資する研究を実施。

●北の四大学ビジネスプラン発表会
平成27年に「北の三大学~地域間連携による社会的課題の対策~」としてスタート。
国立法人小樽商科大学、公立はこだて未来大学、国立大学法人北見工業大学の道内三大学のネットワークを活かし、各大学の地域にとって貢献できる学生研究プロジェクトを発表。また、行政、民間企業とも連携し社会的ネットワークへの構築を図り、大学の研究を通じて、地域の課題をどのように解決していくのか広くディスカッションを実施しています。
翌28年度からは上記三大学に国立大学法人帯広畜産大学を加え、「四大学」に発展しています。