2021/2/14
『いま私たちをつなぐもの』(内田純一分担執筆)が出版されました。
第6章に内田の論考「旧軍のバトルフィールド・ツーリズム―人吉球磨の海軍遺産による観光振興の取り組みを中心に」が収録されています。

2020/12/25
『ほくよう調査レポート』 2021年1月号(第294号) に寄稿しました。
経営へのアドバイス「サービス生産性の向上にどう取り組むか」が掲載されています。Barrelにて公開中(小樽商科大学学術成果コレクションへのリンク)。

2019/10/10
『Monthly信用金庫』 2019年10月号(第73巻) に寄稿しました。
特集<インバウンド時代の地域活性化>巻頭記事として、内田著「地域資源ベースのデスティネーション戦略」が収録されています。 

2019/6/5
『人間会議』 2019夏号 に西村友幸との共著論文が掲載されました。
内田・西村共著「テーマ・コミュニティ―観光・地域の魅力をつくるコミュニティ感覚」を収録しています。

2018/11/1
『横幹』 Vol.12, No.2 に西村友幸との共著論文が掲載されました。
西村・内田共著「悲観と楽観の交織 -コミュニティ・マトリックスに日本の近未来を見る-」を収録しています(J-STAGEのオープンアクセスページへのリンク)。

2017/3/31
『戦略研究』第20号<特集 戦略とガバナンス>が刊行されました。
内田の論文「観光地ブランドを創出するのは誰か―ガバナンス主導と戦略主導との比較考察―」を収録しています(芙蓉書房出版へのリンク)。

2016/12/03
日本ベンチャー学会レフェリー賞を受賞しました。

2016/04/01
小樽商科大学ビジネススクールに移籍しました。

2015/05/15
『観光情報学入門』(観光情報学会編)が出版されました。
第11章「観光地イメージとサービス・マーケティング」の執筆を担当。
内容の詳細は上記をクリックしてください(PDFファイルへのリンク)。

2014/11/21
北大アドミッションセンター発行の受験生向け冊子『知のフロンティア』第3号に寄稿しました。
PDF版を公開中(拙稿「国・都市・地域の魅力を創るブランディングの力」への直接リンク)

2013/12/24
『海と島のブランドデザイン』(地域デザイン学会編集)を2013年12月27日に出版。
拙稿2篇「≪津軽海峡≫=境界連結によるブランド」、「≪北海道≫=極北のブランド」を収録。

2013/10/08
『地域ブランドと地域の価値創造』(地域デザイン学会編集)が出版されました。
内田の論考「高級住宅地の形成過程とブランド価値の源泉―札幌市円山エリアにおける分譲マンションの供給分析」を収録。

2013/01/04
『地域デザイン戦略総論』(地域デザイン学会編集)を2013年1月11日に出版
内田の論考「イノベーティブ地域を創るコンテクストデザイン―地域と産業クラスター」を収録。

2012/11/20
『コンテクストデザイン戦略』(戦略研究学会編集)が芙蓉書房出版から刊行されました。
原田保氏との共著「地域戦略のコンテクストデザイン」を収録しています。

2012/05/25
観光情報学会第3回研究発表会(2011年8月27日開催)で報告した内田論文「地域温泉旅館のサービス・マネジメント・システムに関する一考察」が<研究会優秀賞>を受賞。
HUSCAPにて公開中(北海道大学学術成果コレクションへのリンク)

2011/9/23
CoSTEP「ラジオ第183回:観光のツクリ方」に出演しました。

2010/12/06
内田純一(共著)『観光まちづくりのマーケティング』が刊行されました。

2010/10/1
『中小企業政策の再検討』(日本中小企業学会[編])が同友館から刊行されました。
金泰旭氏との共著「韓国下請け企業のイノベーション対応に関する研究」を収録しています。

2009/09/06
内田純一共訳(ヘンリー・エツコウィッツ著)『トリプルヘリックス―大学・産業界・政府のイノベーション・システム』が刊行されました。

2009/08/26
内田純一ほか編著『観光の地域ブランディング―交流によるまちづくりのしくみ』が出版されました。

2009/07/24
内田純一著『地域イノベーション戦略―ブランディング・アプローチ』が出版されました。