ホーム > 教育カリキュラム改革

教育カリキュラム改革

 COC事業では,「軸足は地域に,視点は世界に」をモットーとし,地域と世界を結び,北海道経済の活性化を担うインターリージョナルな人材の育成を目指しています。地域志向科目の必修化や,新たな副専攻の設置など,教育改革に取り組んでいます。


<地域志向科目の必修化>

 ■1年次必修科目群「知(地)の基礎」の新設(平成27年4月)

 ■新規科目「地域学」の新設(平成27年4月)
 

<インターリージョナルな人材育成のための新たな副専攻の設置>

 ■「グローカルマネジメント副専攻プログラム」の新設(平成27年10月)

 

coc26pamph2.png

小樽商大メソッドについて

    

ページの先頭へ