CLOSE

役員会

役員会の審議・報告事項については 役員会【審議・報告事項】一覧 をご覧ください。

役員会は、法人組織として大学運営の責任主体となる組織です。 本学の規程では、役員会は、以下のとおり規定しています。

国立大学法人小樽商科大学役員会規程(平成16年4月1日制定)」(抜粋)より

(趣旨)

第1条 この規則は、国立大学法人法(平成15年法律第112号。以下「法人法」という。)第11条第2項の規定に基づき、国立大学法人小樽商科大学組織・運営規程第2条に規定する役員(監事を除く。)で構成する役員会に関し、必要な事項を定めるものとする。

(審議事項)

第2条 学長は、次に掲げる事項について決定をしようとするときは、役員会の議を経なければならない。

(1) 中期目標についての意見及び年度計画に関する事項

(2) 法人法により文部科学大臣の認可又は承認を受けなければならない事項

(3) 予算の作成及び執行並びに決算に関する事項

(4) 学部、学科その他の重要な組織の設置又は廃止に関する事項

(5) その他役員会が定める重要事項

(主宰)

第3条 学長は、役員会を主宰する。

国立大学法人小樽商科大学組織・運営規程(平成16年4月1日制定)」より抜粋

第2章 役員

(役員)

第2条 本学に、役員としてその長である学長及び監事2名を置く。

2 本学に、役員として、次の各号に掲げる理事を置く。

(1) 理事(総務・財務担当副学長兼務)  1名

(2) 理事(教育担当副学長兼務) 1名

(3) 理事(非常勤) 1名

3 前項第1号に規定する理事は、附属図書館長を兼務する

(役員の職務及び権限)

第3条 学長は、学校教育法第92条第3項の規定に基づき、本学の校務をつかさどり、本学の所属職員を統督するとともに、本学を代表し、その業務を総理する。

2 理事は、学長の定めるところにより、学長を補佐して本学の業務を掌理し、学長に事故があるときはその職務を代理し、学長が欠員のときはその職務を行う。

3 理事は、前項に定めるもののほか、事務を分担して掌理する。

4 前項に規定する事務は、別に定める。

5 監事は、非常勤2名とし、業務監査及び会計監査を行う。

(中略)

(理事の任命・任期)

第5条 学長は、学部・大学院合同教授会の議を経て、理事を任命する。

2 理事の任期は、2年とし再任を妨げない。ただし、理事の任期の末日は、学長の任期の末日以前でなければならない。

3 学長は、理事を任命したときは、第12条に規定する経営協議会及び第13条に規定する教育研究評議会に報告する。

役員会(名簿)

学長 穴沢 眞(あなざわ まこと)

【任期】2020年4月1日~2024年3月31日

【略歴】

1987年4月 北海道大学経済学部助手

1989年9月 小樽商科大学商学部講師

1990年10月 小樽商科大学商学部助教授

1997年10月 小樽商科大学商学部教授

2002年4月 小樽商科大学商学部商学科長(2003年3月まで)

2007年11月 小樽商科大学商学部商学科長(2009年3月まで)

2010年4月 小樽商科大学国際交流センター長(2016年3月まで)

2014年4月 小樽商科大学学長特別補佐(2015年3月まで)

2016年4月 小樽商科大学国際連携本部長

2018年4月 小樽商科大学商学部商学科長(2019年3月まで)

理事(総務・財務担当副学長) 江頭 進(えがしら すすむ)

【任期】2020年4月1日~2022年3月31日

【略歴】

1997年4月 小樽商科大学商学部助教授

2007年10月 小樽商科大学商学部教授

2010年4月 小樽商科大学商学部経済学科長

2012年4月 小樽商科大学学長特別補佐

2018年4月 国立大学法人小樽商科大学理事・副学長(2020年3月まで)

【選任理由】

教育研究、大学業務に精通

【担当職務】

学術研究、大学院教育、人事・労務、予算・決算、財務会計、外部資金の受入れ、国際交流、産学連携、地域貢献、広報、男女共同参画、その他関係職務

理事(教育担当副学長) 鈴木 将史(すずき まさふみ)

【任期】2020年4月1日~2022年3月31日

【略歴】

1989年4月 広島大学文学部助手

1991年4月 小樽商科大学商学部講師

1991年10月 小樽商科大学言語センター助教授

2002年10月 小樽商科大学言語センター教授

2010年4月 小樽商科大学言語センター長

2014年4月 国立大学法人小樽商科大学理事・副学長(2020年3月まで)

【選任理由】

教育研究、大学業務に精通

【担当職務】

学部教育、入試、学生(休学、退学、処分、支援、相談、就職)、留学生の受け入れ・海外交流校派遣、生涯教育、その他関係職務

理事(非常勤) 福井 郁子(ふくい いくこ)

【任期】2020年4月1日~2022年3月31日

【略歴】

1981年4月 株式会社オ・プランタン・ジャポン(1984年7月まで)

1995年7月 財団法人九州環境管理協会(2001年7月まで)

2002年6月 有限会社フォー・ユージャパン(2004年3月まで)

2005年5月 株式会社オーシーエス(2008年5月まで)

2009年4月 大阪府電設工業厚生年金基金(2010年2月まで)

2010年4月 センカ株式会社(2011年5月まで)

2011年7月 株式会社スラートトレーディング(2015年11月まで)

2015年3月 NPO法人サムリブ(現在に至る)

2016年2月 合同会社ヒッゲリ(現在に至る)

2016年9月 NPO法人北海道NPOサポートセンター(現在に至る)

【選任理由】

多様な民間経験を基にした幅広い知見

【担当職務】

社会連携関係、その他関係職務 


Column 商大探舎 Vol.23

戦没者

第二次大戦の深刻化とともに、「緑丘」紙上にも戦死者の訃報が載るようになった。なかでも1943(昭和18)年7月25日号は、在校生平塚勇二の戦死を写真付きで報じる。5月に玉砕したアッツ島守備隊の中には卒業生4名が含まれていた。11月には学校主催の「合同慰霊祭」が行われた。特攻の戦死者も10名程度あったと思われる。緑丘関係の戦没者を慰霊する記念塔が1969(昭和44)年に建てられた。347名の名前が刻まれている。

『緑丘』177,1943.11.25

資料
請求