CLOSE

役員会

役員会の審議・報告事項については 役員会【審議・報告事項】一覧 をご覧ください。

役員会は、法人組織として大学運営の責任主体となる組織です。 本学の規程では、役員会は、以下のとおり規定しています。

国立大学法人小樽商科大学役員会規程(平成16年4月1日制定)」(抜粋)より

(趣旨)

第1条 この規則は、国立大学法人法(平成15年法律第112号。以下「法人法」という。)第11条第2項の規定に基づき、国立大学法人小樽商科大学組織・運営規程第2条に規定する役員(監事を除く。)で構成する役員会に関し、必要な事項を定めるものとする。

(審議事項)

第2条 学長は、次に掲げる事項について決定をしようとするときは、役員会の議を経なければならない。

(1) 中期目標についての意見及び年度計画に関する事項

(2) 法人法により文部科学大臣の認可又は承認を受けなければならない事項

(3) 予算の作成及び執行並びに決算に関する事項

(4) 学部、学科その他の重要な組織の設置又は廃止に関する事項

(5) その他役員会が定める重要事項

(主宰)

第3条 学長は、役員会を主宰する。

国立大学法人小樽商科大学組織・運営規程(平成16年4月1日制定)」より抜粋

第2章 役員

(役員)

第2条 本学に、役員としてその長である学長及び監事2名を置く。

2 本学に、役員として、次の各号に掲げる理事を置く。

(1) 理事(総務・財務担当副学長兼務)  1名

(2) 理事(教育担当副学長兼務) 1名

(3) 理事(非常勤) 1名

3 前項第1号に規定する理事は、附属図書館長を兼務する

(役員の職務及び権限)

第3条 学長は、学校教育法第92条第3項の規定に基づき、本学の校務をつかさどり、本学の所属職員を統督するとともに、本学を代表し、その業務を総理する。

2 理事は、学長の定めるところにより、学長を補佐して本学の業務を掌理し、学長に事故があるときはその職務を代理し、学長が欠員のときはその職務を行う。

3 理事は、前項に定めるもののほか、事務を分担して掌理する。

4 前項に規定する事務は、別に定める。

5 監事は、非常勤2名とし、業務監査及び会計監査を行う。

(中略)

(理事の任命・任期)

第5条 学長は、学部・大学院合同教授会の議を経て、理事を任命する。

2 理事の任期は、2年とし再任を妨げない。ただし、理事の任期の末日は、学長の任期の末日以前でなければならない。

3 学長は、理事を任命したときは、第12条に規定する経営協議会及び第13条に規定する教育研究評議会に報告する。

役員会(名簿)

学長 和田 健夫(わだ たてお)

【任期】2018年4月1日~2020年3月31日

【略歴】

1980年4月 小樽商科大学商学部講師

1981年10月 小樽商科大学商学部助教授

1991年10月 小樽商科大学商学部教授

2001年4月 小樽商科大学副学長

2004年4月 国立大学法人小樽商科大学理事・副学長

2014年4月 国立大学法人小樽商科大学学長(2018年3月まで)

理事(総務・財務担当副学長) 江頭 進(えがしら すすむ)

【任期】2018年4月1日~2020年3月31日

【略歴】

1997年4月 小樽商科大学商学部助教授

2007年10月 小樽商科大学商学部教授

2010年4月 小樽商科大学商学部経済学科長

2012年4月 小樽商科大学学長特別補佐

2018年4月 国立大学法人小樽商科大学理事・副学長(2018年3月まで)

【選任理由】

教育研究、大学業務に精通

【担当職務】

学術研究、大学院教育、人事・労務、予算・決算、財務会計、外部資金の受入れ、国際交流、産学連携、地域貢献、広報、男女共同参画、その他関係職務

理事(教育担当副学長) 鈴木 将史(すずき まさふみ)

【任期】2018年4月1日~2020年3月31日

【略歴】

1989年4月 広島大学文学部助手

1991年4月 小樽商科大学商学部講師

1991年10月 小樽商科大学言語センター助教授

2002年10月 小樽商科大学言語センター教授

2010年4月 小樽商科大学言語センター長

2014年4月 国立大学法人小樽商科大学理事・副学長(2018年3月まで)

【選任理由】

教育研究、大学業務に精通

【担当職務】

学部教育、入試、学生(休学、退学、処分、支援、相談、就職)、留学生の受け入れ・海外交流校派遣、生涯教育、その他関係職務

理事(非常勤) 海老名 誠(えびな まこと)

【任期】2018年4月1日~2020年3月31日

【略歴】

1991年8月 株式会社富士銀行目黒支店長

1993年6月 株式会社富士総合研究所国際調査部長

2000年6月 株式会社富士総合研究所理事

2002年10月 みずほ総合研究所株式会社理事

2004年4月 小樽商科大学ビジネス創造センター教授

2006年4月 小樽商科大学ビジネス創造センター長

2009年4月 小樽商科大学ビジネス創造センター特任教授

2011年4月 小樽商科大学特認教授

2012年4月 国立大学法人小樽商科大学理事(非常勤)(2018年3月まで)

【選任理由】

経営、大学業務に精通

【担当職務】

社会連携関係、その他関係職務


Column 商大探舎 Vol.4

ローラー・スケート部

開学翌年(明治45年)には野球部が創設されるなど、様々な運動部が生まれていた。中でもユニークなのはローラー・スケート部だった。坂本陶一教授の呼びかけで、「運動具としてローラースケートを採用したのは、恐らく日本中で我が学校を嚆矢と言ふる事が出来る。いや東洋中といっても差支あるまい」(『校友会雑誌』第五号)と自負したが、坂本教授の留学とともに下火となり、アイス・スケートに転じる。しかし、これもスケート場が近場にないため、振るわなかった。

ローラー・スケート部

資料
請求