CLOSE

【9月15日改訂】当面の『サテライト利用ルール』について

【札幌サテライト】利⽤ルールについて

 

令和2年3⽉25⽇
危機対策本部会議
令和2年4⽉28⽇改訂
令和2年6⽉23⽇改訂
令和2年9⽉15日改訂

 

  新型コロナウィルスの感染拡⼤防⽌に伴う措置として札幌サテライトの利⽤ルールを下記のとおり改訂します。
  なお、今後状況に応じて再度強化の措置を講じることもありますことを申し添えます。
  ご利⽤の皆様には、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、なにとぞご理解・ご協⼒いただきますようお願い申し上げます。

 

 

1.各室の利用について

 

室名 収容
人数
利用申請方法 利用可能時間 備考
大講義室
(階段状)
30  利用予定日の3日前までにサテライトHPの
 予約フォームから事前申請してください。
 申請は本学教職員に限ります。
 なお、利用者に本学学生、学外者を含むことは
 可としますが、その場合は申請した教職員が 
 必ず参席してください。
【平日】
 (9:30~21:00)
【土曜日】
 (9:30~17:00)

※12:00~13:00は
サテライトは閉室
となります。

中・小講義室 36 現在の中講義室と
小講義室を連結
し、
1つの講義室とします。
会議室 4
ミーティング室 2
自習コーナー 8  利用予定日の前日21:00までに下記内容を
 記入の上、事前申請してください。

 ・【学生番号】
 ・【氏名】
 ・【利⽤希望⽇】
 ・【利⽤希望時間帯】
 ・【連絡先電話番号】

 

 申請受付:教務課大学院係
 gs-unit☆office.otaru-uc.ac.jp
   ☆を@に変更して送信してください。
【平日】
 学部生
 (9:30~17:00)
 大学院生
 (9:30~21:00)
【土曜日】
 学部生
 (9:30~17:00)
 大学院生
 (9:30~17:00)

※12:00~13:00は
サテライトは閉室
となります。
学部生・大学院生の
利用を可とします。

収容人数(8名)は
PC利用席(4席)を
含みます。

※なお、PC利用は、
教職員及び大学院生に
限ります。

 

2. 札幌サテライト入室時のルール

  ・入室前の手洗い(石鹸・流水で20 秒以上)、入り口に設置する手指消毒剤での消毒を原則とします。
  ・入室時に検温を行いますので、サテライト職員の指示に従ってください。
  ・入室時にはマスクを着用してください。
  ・以下の症状がみられる場合、入室はご遠慮ください。
     (37.5℃以上の発熱/咳/鼻水/息切れ/倦怠感/嗅覚・味覚の異常/腹痛・下痢)

3. 各室利用時の遵守事項

  ・利⽤責任者は、授業においては学⽣の出席確認を、その他の利⽤については参加者の出席確認を必ず⾏い、利⽤者の⼊退室記録
   等により動向を把握してください。
  ・各室利⽤時は、咳やくしゃみによる⾶沫の拡散を防ぐため、常時、「マスク」を着⽤してください。
  ・「フェイスガード」は、眼の結膜からの感染を防ぐために有効とされています。
   ⼤講義室及び中・⼩講義室において、グループワーク、グループディスカッションなど会話をする場合は、在室するすべての
   利⽤者について、マスクのほか、フェイスガードの着⽤を義務付けます。
   なお、会議室、ミーティングルーム、⾃習コーナーでの「フェイスガード」の着⽤は任意とします。
  ・⼤講義室及び中・⼩講義室は距離を保った座席配置にしております。
   ⾶沫対策として教壇⽤に移動型アクリルパーテーションを、個々の机にL字型パーテーションを使⽤してください。
   授業等において、グループワーク等で座席レイアウトを変える場合は、前後の距離を1m以上保つように座席を配置してくださ
   い。利⽤後は原状に復してください。
  ・札幌サテライト内はビルの換気システムを常時稼働していますが、講義室のドアを閉める場合は30 分に1 回以上ドアを開け、
   換気してください。
  ・授業で使⽤した机、机上パーテーション、椅⼦、フェイスガードは利⽤者各⾃で消毒をお願いします。消毒⽤シートは札幌サテ
   ライトで⽤意します。
  ・サテライト退出時は、⼊⼝に設置する⼿指消毒剤での消毒及び退出後の⼿洗い(⽯鹸・流⽔で20 秒以上)を⾏ってください。

4.その他

  ・学外貸出は、当⾯⾏いません。
  ・学外者が主催する講座等で、本学教職員が関連し申請するものについては、申請内容を勘案のうえ、収容人数の範囲内での
   利用を可とすることがあります。

◆ 本件へのお問い合わせ ◆
⼩樽商科⼤学教務課⼤学院係
電話:0134-27-5246 FAX:0134-27-5243
E-Mail:gs-unit☆office.otaru-uc.ac.jp
    ☆を@に変更して送信してください。

Column 商大探舎 Vol.16

高商旗

苫米地校長体制の確立の過程で、1936年7月5日〜10日まで創立25周年記念行事が行われた。これに先立ち、初めて「校旗」が製作された。仕立ては純白の絹地で、京都の西陣で製作し、7月4日には「入魂式」が行われた。

高商旗

資料
請求