CLOSE
  • HOME
  • HEADLINE
  • 業務上横領事件の公判(札幌地裁)における本学元職員の証言について

HEADLINE

2020.09.14

業務上横領事件の公判(札幌地裁)における本学元職員の証言について

 令和2年9月11日(金)に札幌地方裁判所の業務上横領事件の公判において、本学元職員が検察側の証人として出廷し、大学の業務を北海道ジェイ・アール・システム開発(以下「JSD」)に不正発注し、現金を得ていた(着服していた)旨、一部新聞やテレビ等で報道されております。

 この業務上横領事件については、本学がJSDと取引関係があったことから、警察の捜査に協力しておりましたが、当該元職員が公判で証言したとされる内容は、大学として承知しておらず、現在まで把握していないものでした。

 本学といたしましては、学生や保護者、同窓生をはじめ、関係者の皆様には多大なご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げるとともに、公判で証言したとされる具体的な内容を確認のうえ、できる限りの事実関係の調査を行い、必要な措置を講じていく所存です。

                                             国立大学法人小樽商科大学長

【お問い合わせ先】
国立大学法人小樽商科大学総務課
Tel: 0134-27-5203
E-mail:shomu*office.otaru-uc.ac.jp(*を@に変えて送信してください。)

アーカイブ

カテゴリ

月別

資料
請求