シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 社会科教育法II/Methodology of Teaching Social Studies II
担当教員(所属)/Instructor 宮浦 俊明 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 教職科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 金/Fri 2
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/17
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
社会科教員としての教えることの楽しさや意義を理解し、現代社会に至る人間の歴史を分かりやすく展開する授業力を養成する。
新たな学習指導要領の目標を踏まえ、生徒の学習意欲を向上させる授業計画・指導案を作成する実践的な内容とする。
中学校や高校で印象に残った自分自身の体験を踏まえた授業を事例とした授業研究をする。
地域の歴史を調べる方法やその分析の仕方、さらに歴史からみえる地域の課題も考える。

達成目標
/Course Goals
教員としての資質を高め、社会科教員の能力・技能を身につける。
教員採用試験に合格する力量を身につける。
授業内容
/Course contents
第1回:オリエンテーション1-学校教育の歴史
第2回:オリエンテーション2-社会科とはどんな科目か〜社会科の歴史
第3回:学習指導要領の解説(1)
第4回:学習指導要領の解説(2)
第5回:社会科の授業の面白さは何か。-中学高校時代の授業体験を踏まえて
第6回:指導案作成の研究・討議-生徒の興味関心を探る。
第7回:指導案の作成1-授業計画(シラバス)の作成
第8回:指導案の作成2-指導案の作成方法
第9回〜第12回;実践的な授業事例・模擬授業
第13回:評価方法―観点別評価
第14回:地域の歴史の授業開発―教材の作成
第15回:歴史授業における思考力とは何か。
定期試験
使用教材
/Teaching materials
中学校学習指導要領解説・社会編 高等学校学習指導要領解説・地理歴史編
中学校・高校時代に使用した教科書・参考書
他に随時資料を提示する。
成績評価の方法
/Grading
模擬授業の実践力・定期試験・出席状況を総合的に評価する。
成績評価の基準
/Grading Criteria
総合評価が90点以上は「秀」、80-89点は「優」、70-79点は「良」、60-69点は「可」、59点以下は「不可」とする。
履修上の注意事項
/Remarks
歴史を教えることは歴史を学ぶことであり、己を知り未来を見通す力を養うことであることも踏まえ授業に臨んで欲しい。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る