シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject オペレーションズ・リサーチ
担当教員(所属)/Instructor 山本 充 (商学部)
授業科目区分/Category 夜間主コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 6
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office 山本 充(Email:mitasu@res.otaru-uc.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 山本 充(随時受け付けますが,面談などではスケジュール調整しますので,必ず事前にEmailで連絡して下さい。)
更新日/Date of renewal 2015/02/10
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
オペレーションズ・リサーチ(OR)は,合理的な意思決定を支援する科学的な手法の学問体系です。数学モデルを使用した最適化により,意思決定問題の最適解を数学的に導出する手法が集まりとも言えます。
本科目では線形計画,在庫管理,待ち行列の3つの手法を取り上げ,問題事象の最適化の基本的考え方や数学的解法を修得し,現実問題への適用力を養成することを目的します。
達成目標
/Course Goals
1.意思決定問題を理解し,適切な数学モデルへの定式化が行える。
2.意思決定問題に適した公式(数学モデル)を選定できる。
3.数学モデルを適切な解法を用いて最適解を導出できる。
4.導出した最適解の現実問題への適切性を判断できる。
授業内容
/Course contents
授業は手法の理論解説を行い最適化の考え方と数学モデルの構築方法を学習します。その上で例題等をトレースしつつ最適解の導出方法を学習することを基本的な進行スタイルとします。授業はパワーポイントのスライドにて行います。
授業内容は以下の通り。
1.線形計画
(1)決定変数,目的関数,制約条件式等の定式化
(2)図解法
(3)シンプレックス法
(4)輸送問題:北西隅法,ハウタッカー法
2.在庫管理
(1)在庫管理の最適化の考え方
(2)経済発注量(EQQ)公式
(3)発注点法
(4)定期発注法
3.待ち行列
(1)到着分布とサービス分布,モデル化の考え方
(2)単一窓口
(3)複数窓口
使用教材
/Teaching materials
テキスト:長畑秀和著『ORへのステップ』共立出版
成績評価の方法
/Grading
成績は授業中に実施する数回の小テストの成績をもって評価します。やむを得ず小テストを欠席する場合は,必ず欠席届を提出して下さい。テストの実施は事前に告知します。定期試験は実施しません。
小テストは100点満点あるいは50点満点で採点し,合計点を100点満点換算し,60点以上が合格点です。
秀:90点以上
優:80〜89点
良:70〜79点
可:60〜69点
履修上の注意事項
/Remarks
1.E-learningを使用できるようにして下さい。
授業で使用したスライドなどは授業後にPDF化してE-learning上で公開します。このためE-learningの使用手続きを必ず行うようにして下さい。
2.自筆ノートの作成
小テストを数回行いますが,その際に自筆ノートの持ち込みを条件とすることがあります。
3.電卓の持ち込み
練習問題や小テストなどでは,やや複雑な計算を必要とすることがありますので,最低でも平方根計算ができる電卓を持参して下さい。小テストでは携帯電話やスマホ,タブレットPCは使用不可です。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る