シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 会計学原理
担当教員(所属)/Instructor 石井 孝和 (商学部)
授業科目区分/Category 夜間主コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 月/Mon 6 , 月/Mon 7 , 火/Tue 6 , 火/Tue 7 , 水/Wed 6 , 水/Wed 7 , 木/Thu 6 , 木/Thu 7 , 金/Fri 6 , 金/Fri 7 , 土/Sat 4 , 土/Sat 5 , 土/Sat 6
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/23
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
 会計は、「事業の言語」とも言われているように、企業等が行っている経済活動を理解するために必要不可欠なものである。本講義では、会計に関する基本概念や企業が行っている様々な経済活動の会計処理方法を理解するとともに、企業が会計情報をどのように報告し、私たちの下へ伝達しているのかについて、実際に企業が公表した決算書の内容を例として取り上げながら学んでいく。
 授業はテキストに沿ってパワーポイントを用いた講義形式で行い、最終講義時に定期試験を実施する。
達成目標
/Course Goals
・会計に関する用語の意味を理解する。
・基本的な会計理論について理解する。
・財務諸表の内容から簡単な経営分析ができる。
授業内容
/Course contents
1.会計学の基礎知識
2.会計の種類と役割
3.財務会計のシステムと基本原則
4.企業の設立と資金調達
5.仕入・生産活動
6.販売活動
7.設備投資と研究開発
8.資金の管理と運用
9.国際活動
10.税金と配当
11.財務諸表の作成と公開
12.企業集団の財務報告
13.財務諸表による経営分析
14.会計に関連した職業
15.定期試験
使用教材
/Teaching materials
テキスト:桜井久勝・須田一幸(2015)『財務会計・入門 - 企業活動を描き出す会計情報とその活用法 第10版』有斐閣アルマ
成績評価の方法
/Grading
定期試験の結果により評価する。
成績評価の基準
/Grading Criteria
秀(90点以上):授業内容についてほぼ完璧に理解している。
優(80点〜89点):授業内容について十分に理解している。
良(70点〜79点):授業内容についておおよそ理解している。
可(60点〜69点):授業内容について最低限理解している。
不可(59点以下):授業内容の理解が不十分である。
履修上の注意事項
/Remarks
特になし。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る