シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 健康スポーツb
担当教員(所属)/Instructor 体育教員 (商学部) , 石崎 香理 (商学部)
授業科目区分/Category 夜間主コース 共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 月/Mon 6
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 1
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/19
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
≪軽スポーツ≫担当:石崎
 生涯に渡って手軽にスポーツ活動が続けられるよう、積極的に身体を動かし健康的かつ活動的に体力づくりを行うことを目的とする。そのためには身体を動かすことの楽しさや重要性を体得していくことが望まれる。また、スポーツを通しての社会性やチームワークの大切さにも触れてほしい。様々な種目のスポーツを取り入れ、1人でも出来る運動や2人以上で行うゲームを実践する。
達成目標
/Course Goals
 生涯に渡って手軽にスポーツ活動が続けられるようなきっかけを、授業の中から学び取ってもらう
授業内容
/Course contents
 ミニソフトバレーボール・ユニホック(ユニバーサルホッケー)・ドッジボール・ミニソフトテニス・ダブルダッチ・インディアカなど、その他にも簡単に楽しめる種目を随時取り入れる。更に、ストレッチやペアで行う準備体操などを多く取り入れ、フォークダンスや簡単なリズムで身体を動かすことも行う。スポーツを行う上での準備体操の方法や、ゲームに際しての基本的な動き方、展開方法などを学習する。
使用教材
/Teaching materials
 本コースで必要とされる用具類は、すべて健康スポーツ担当教員側で用意する。但し、屋内用運動靴に関しては各自用意すること。
成績評価の方法
/Grading
・成績評価は総時間数の3分の2以上を出席(遅刻、見学、早退を含む)し、それぞれのコース授業への出席をもって評価の対象とし、その対象者の受講態度および実技の到達度を参考に以下の基準で評価する。
成績評価の基準
/Grading Criteria
「秀」:全て出席し、受講態度と実技試験等の到達度が9割以上に評価されたもの
「優」:9割以上出席し、受講態度と実技試験等の到達度が8割以上に評価されたもの
「良」:8割以上出席し、受講態度と実技試験等の到達度が7割以上に評価されたもの
「可」:7割以上出席し、受講態度と実技試験等の到達度が6割以上に評価されたもの

履修上の注意事項
/Remarks
・傷害保険の加入の義務について、健康スポーツ履修者は、学研災(学務課)または個人保険に必ず加入する事
・全コースとも健康診断・オリエンテーションは出席点に含まれる
・全コースとも共通実施種目として「体力テスト」を行う。
・コース決定後の変更は認められない。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る