シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 総合科目II
担当教員(所属)/Instructor 江頭 進(商学部)・辻義久(教育開発センター)
授業科目区分/Category 夜間主コース 共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期
開講曜限/Class period
対象所属/Eligible Faculty 全学科
配当年次/Years 1年,2年,3年,4年
単位数/Credits 2.0
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/10
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
この講義は大学での学習の基本姿勢である,自分で問題を見つけ,自分で答えを探すことを学ぶことを目的としている。高校までの正解のある問題をひたすら解くことと異なり,大学では自分の周囲に常にアンテナをはり,旺盛な好奇心を働かせ,それを論理的に考えることが求められる。本講義では,その姿勢の導入を,グループで行う社会調査を通じて習得することを目的とする。
 この講義は,全体を通してアクティブラーニングを基本とする。そのため授業時間以外にも,グループで調査したり,データを整理したりすることになる。
達成目標
/Course Goals
グループごとに小樽市内で社会調査を行い、研究発表を行う。その際に、統計やデータの正しい扱いができることを目指す。
授業内容
/Course contents
第0講 オリエンテーション
第1講(第2回〜第6回) 統計の基本的な考え方。
・エクセルを使った集計作業の 習得
・平均値,中央値,分散,標準偏差
 ・回帰分析の初歩
第2講(第7〜8回) 研究計画書の作成
第3講(第9〜11回) アンケートの作成 
第4講(第12回〜13回) アンケート調査・集計
第5講(第14回) アンケート結果の分析・発表準備
第6講(第15回) 研究発表会
使用教材
/Teaching materials
辻 義人『Excelによるアンケート調査の第一歩』、ナカニシヤ出版。
成績評価の方法
/Grading
・基本的には研究発表会時の評価による
・出席しただけで加点されない。
・最終成績=素点×出席回数/14回
成績評価の基準
/Grading Criteria
・経済学科の基準による。
履修上の注意事項
/Remarks
・1年生限定である。
・パソコンかタブレットPCを持参することが望ましい。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る