シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 物理学I
担当教員(所属)/Instructor 杉之原 立史 (商学部)
授業科目区分/Category 夜間主コース 共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 月/Mon 6
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office 杉之原 立史(312)
オフィスアワー/Office hours 杉之原 立史(金 16:00〜19:30)
更新日/Date of renewal 2015/03/20
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
 物理学は,人類が約400年という時間をかけて築いてきた,人類共通の知的財産である. これを正しく理解し,後の世代に伝えていくことは,私たちの世代に課せられた義務であると言える.
 この授業では,宇宙の成り立ちや進化が,物理学によってどのように理解されているかを,最新の研究成果を交えて解説する.宇宙を通して,物理の世界に触れ,物理に興味を持ってもらうことを目的とする.
 パソコンの画面をスクリーンに映し,プレゼンテーションソフトを使用して授業を進めていく.
達成目標
/Course Goals
 本科目の履修を通して獲得が期待される能力・技能は以下の通りである.
・宇宙に対する物理的な視点を持ち,その概要を自分の言葉で説明できる.
授業内容
/Course contents
1. 天動説から地動説へ
2. 銀河宇宙像の確立
3. 宇宙の膨張
4. ビッグバン宇宙モデル
5. 素粒子と力の標準理論
6. 初期宇宙の進化
7. 銀河の形成
8. ダークマター
9. 宇宙の物質循環
使用教材
/Teaching materials
 特に定めない.
成績評価の方法
/Grading
 期末試験により評価する.
成績評価の基準
/Grading Criteria
 授業内容に対する理解度を,ほぼ完全であると認められる場合を100として数値化する. 理解度が90以上である場合を「秀」,80以上90未満である場合を「優」,70以上80未満である場合を「良」,60以上70未満である場合を「可」,60未満である場合を「不可」とする.
履修上の注意事項
/Remarks
 新聞やテレビ,すばる望遠鏡のウェブサイト(「リンク先ホームページアドレス」の項目を参照)などを通して,日頃から宇宙へ関心を向けておいてほしい.
リンク先ホームページアドレス
/URL of syllabus or other information
http://www.subarutelescope.org/j_index.html

No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
授業の方法等
/-
情報機器、視聴覚機器を使用する授業

科目一覧へ戻る