シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 井上典子 4年ゼミ
担当教員(所属)/Instructor 井上 典子 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 4 , 火/Tue 5
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 4年
単位数/Credits 12
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/24
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
英語史と英文学

今日、英語はグローバル言語となりビジネスの世界では必須の言語となりました。しかし皆さんは、長い英語の歴史の中で、英語ではなくフランス語がイングランドの公用語であった時代があったのをご存じでしょうか?また綴りも発音もイングランド各地で多様に異なる時代、今私たちが使っている英語とは語彙も文法も大きく異なる時代がありました。英語はどこから来て、いつ始まり、どのような変遷を経て、現在私たちが知っている英語となったのでしょうか?そして各時代の文化や思想はどのようなものだったのでしょうか?各時代の文学作品を深く読み解くことで、その時代のイングランド(またはアメリカ)の社会、文化、思想が見えてきます。英語の変化・変遷の歴史を知ることで英語ということばをより深く理解し、文学のことばを分析することで、実用的な言語の訓練だけでは養うことのできない、英語に対する鋭い感性と深い認識を習得することが目標です。

また、実践的なコミュニケーション力を高めるため、他学科のゼミとの合同ディベート大会(英語ディベート・日本語ディベート)を年に数回行います。

達成目標
/Course Goals
このゼミは、英語がゼミの公用語です。英語のテキストを使用し、発表やディスカッションもすべて英語で行います。

3年次では、初学者に親しみやすい英語で書かれたテキストを用い英語史の基礎を学びながら、各時代の代表的な英詩を韻律、語彙、文体面などから多角的に分析していきます(時代によっては、小説の短編などを取り上げる場合もあります)。毎回、テキストの指定された範囲の内容および指定された英詩を担当者が授業で発表し、その後ディスカッションを行います。発表者以外の受講者も全員、同様の箇所または詩に関するレポートを作成し、それを持参して授業に臨んでください。

またこの他、3年次のゼミ活動には、年に数回行われる、他学科のゼミとの合同ディベート大会(英語および日本語)に参加することが含まれます。また、ゼミ時間帯以外の活動も含まれる可能性があります。

4年次からは、自分の選択したテーマまたは文学作品を集中的に読んでいき、卒業論文の作成に取り組みます。各自のテーマを定期的に発表してもらい、その発表に対し意見交換を行います。
授業内容
/Course contents
-
使用教材
/Teaching materials
英語史に関しては英語のテキストを使用します。英詩に関しては、古英語から現代英語まで各時代の代表的な作品を読んでいきます(随時プリントやメールで配布)。
成績評価の方法
/Grading
-
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
授業の方法等
/-
対話型あるいは双方向の授業、情報機器、視聴覚機器を使用する授業

科目一覧へ戻る