シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 平沢尚毅 4年ゼミ
担当教員(所属)/Instructor 平沢 尚毅 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 4 , 火/Tue 5
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 4年
単位数/Credits 12
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/24
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
『人間中心設計に関する研究』が研究室のテーマです。人間中心設計とは、システム・サービスに関わる人間(利用者を含む)や組織を探索することによって、新しいアイデアを構想したり、システム・サービスの問題を明確にするといった方法全般を意味します。実際には、新しいシステム・サービスを企画するプロセス、具体的なシステム・サービスの要件を導くプロセス、システムのユーザインターフェースを設計するプロセス、利用者によってシステム・サービスの妥当性を評価するプロセスなどがあります。
これらのプロセスを学習した上で、具体的なシステム・サービスを構想します。現在は、ニセコ地区の中長期滞在型観光客のための移動サービスなど、様々なサービスを構想しています。
一方、人間中心設計は、もの作りと並行して、人間科学の知識が必須になります。ゼミを通じて、心理学や社会学に基づいた調査法の習得を行います。
達成目標
/Course Goals
まず、3年生の段階で人間中心設計に関する基礎的な知識・技法を学習します。3年次までには、実験あるいは調査を行いながら基本的な知識の習得を目指します。この間に、先輩が行っているプロジェクトを参考にしながら、研究活動を学びます。
4年次には、各自で独立したテーマを設定して、研究スタッフや大学院生の指導の下で、1年をかけて研究プロジェクトを遂行します。卒論を希望する学生は、これを論文としてまとめます。
授業内容
/Course contents
-
使用教材
/Teaching materials
毎年、購読するテキストは異なります。
成績評価の方法
/Grading
-
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
授業の方法等
/-
対話型あるいは双方向の授業、情報機器、視聴覚機器を使用する授業、地域(北海道)に関する学習内容を含む授業

科目一覧へ戻る