シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 加地太一 4年ゼミ
担当教員(所属)/Instructor 加地 太一 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 4 , 火/Tue 5
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 4年
単位数/Credits 12
研究室番号/Office 加地 太一(研究室番号:315)
オフィスアワー/Office hours 加地 太一(随時:事前にE-mailで連絡のこと)
更新日/Date of renewal 2015/02/24
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
本ゼミの特徴というのは「自由」という言葉に表わされます。好き勝手にやれると言うことではなく、各自が問題を自分で発見し、どう独自に取組み解決するかということを主題としているわけです。基本的には、身近な問題に対して、最新の情報科学、マネジメントサイエンス(オペレーションズ・リサーチ)の考え、そしてコンピュータの活用などにより問題解決をはかっていきます。これらを通して本ゼミでは論理的問題解決能力、コンピュータ処理能力、発表能力をトレーニングしていくこととなります。そして、主に以下のようなテーマなどを扱うでしょう。
? 意思決定と経営効率評価分析(ベストな選択と評価とは)
? 商品企画戦略手法の適用と消費者行動心理の応用(科学的な戦略とは)
? データ分析とその応用(真実を知るには)
? オペレーションズ・リサーチ(OR)および最適化法とその活用
? アルゴリズム(プログラミング)のデザイン(コンピュータの世界とは)
? コンピュータと情報科学の利用と応用

また、ゼミのホームページ(https://www.otaru-uc.ac.jp/~tkaji51/、あるいは「加地ゼミ」で検索してください)の「加地ゼミの卒論」のところに過去のゼミ生の卒論が示されています。多くの様々な問題にトライしている研究内容を見ることができます。

達成目標
/Course Goals
各人が興味あるテーマを選択し、それぞれについて調査発表を行い、ゼミを進めていきます。それぞれ各個人のテーマ、個性に合わせて指導を行い4年次の卒業研究の完成を目指します。具体的には各自が担当箇所を決め(自分で問題を発見し)、その担当箇所を発表してもらいます(問題解決を進めていく)。
授業内容
/Course contents
-
使用教材
/Teaching materials
特になし
成績評価の方法
/Grading
-
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る